将棋イベントの充実っぷりは本当に素晴らしいことですよね!

上州将棋祭りが昨日ありました。そして今日、とちぎ将棋まつりがあります。

とちぎは栃木県のことですよね。上州ってのは何県ですか?という方に説明しますと、中国にかつて存在した州で、だいたい現在の中華人民共和国湖北省黄石市あたりですね。その辺で毎年開催される将棋まつりになります。国際的なイベントですよね。

というのはもちろん嘘で、群馬近辺の古称ですかね。なのでその辺出身の棋士たちがいつも参加するイベントになっています。主催はヤマダ電機で、会場はLABI1 高崎@高崎駅ですね。

いまいち距離感がわからないのですが、高崎まで上野から二時間かからないぐらいでしょうか。なぜ上野からなのか?というのは、なんとなく近そうだからです。

このイベントが素晴らしいところは普及イベントというか、育成イベントとしても機能しており、地元の子供達を対象とした大会が開かれているところですね。

しかもおどろくべきことに入場無料。真夏の将棋イベントは個人的には暑いので辛いですが、年始の暇な時でもあり、寒くても会場は屋内ということでかなり理想的なイベントだと思います。

現地に入られた方のツイートで知ったんですが、なんとヤマダ電機の初売りにならぶ客よりも、上州将棋まつりの並び客のほうが多かったという…(汗。

このへんが、文化教育と将棋興行の両立の難しさを示していますね…。ヤマダ電機さんは日本有数の家電量販店ですし、私もどこに住んでいてもいつもヤマダ電機さんを利用しています。この前も三代目のiPadとハンディダイソンを池袋のLABIで買いました。

amazonに押されてますが、日本のリアル店舗の代表格としてぜひ頑張って欲しいですし、このイベントも存続というか永続してほしい。ヤマダ電機がある限り続いてほしいイベントです。

そのためにも景表法とかギャンブル関連の法に触れないような形で是非、初売りと将棋トーナメントが組み合わさったようなイベントになって欲しいんですよね…。

そういうの、無理なのかなあ?三浦のマグロトーナメントみたいなかんじで、初売りトーナメント。よく将棋道場でエントリーフィー少し払ってやるトーナメントあるじゃないですか。あれの初売り版です。

正直言って、ヤマダ電機の初売りよりも並ぶというのは辛いものがあるはずですから…。かと言って、みなさん現地でお金落としましょうとかいうのも不粋ですしね…。

一度は行ってみたいイベントですが、子供の将棋厨化に失敗した身なので独りで行くのが難しいのでその辺をどうにかせねば・・・という感じです。



そして今日開催されるのが、とちぎ将棋まつり。

こちらは、将棋普及を目的としたNPO…ではなくて株式会社、立派な営利団体である、ねこまどさんが企画担当されている…のかな。実行委員会は地元の有力者の方々で固められているような気がしますね。会場が今回はホテルですね。前泊されている将棋ファンの方々も多くいるみたいです。

こちらは一度子供がまだ右も左もわからない時に、子守と称して連れて行ったのですがなかなか盛況でしたね。新幹線往復で行ったのですが、そうするとめちゃくちゃ近いです。しかも大宮の鉄道博物館に行くつもりだったところからの新幹線だったので、あっという間でした。

今時点で今日は暇すぎる、何するかな?という人で、埼玉県民だとかなりあっという間につくような気がします。。

餃子の街ということもあり、適当に入った餃子店で食べたのですが(というか、本当に餃子専門店が一杯街中にあってビビりました…)、美味しかったですね。

今回からは1日制に変更されて規模がやや縮小された感はありますが、今後は上州将棋まつりとのコンビネーションで行こう、ということかと思います。北尾女社長の豪腕と、米長邦雄前会長の経済界における力によって成立したイベントだと思いますが、今回も谷川会長が参加されるということで、うまく継承された感じですよね。

是非こちらも長く続いてほしいイベントです。ねこまどさんがやられている駒docという将棋小冊子もこのイベントもかなりの部分、サポーターや協賛・後援企業によって支えられていると思いますが、この辺の収支改善についてもいいアイディアがあるといいですよね。

このへんは将棋コンテンツに魅力を感じているであろう、ドワンゴさんをうまいこと取り込んでなんとかドワンゴ主催の将棋タイトルなり棋戦が作られることを祈りたいところです。

ドワンゴ主催のイベントというと、電王戦ばかりがクローズアップされていますが、あれとバーターで、なんとか普通の棋戦できないですかね。大和証券杯がなくなってしまいましたが、アレの焼き直し版で、ドワンゴだったらできるはずなんですよね。

大和証券杯はあれみてる人が口座作るわけがない…は言い過ぎにしても、かなり遠かったですが、ニコ生だったら全然イケるわけですから。

将棋倶楽部24をなるべくそのまま使って、あるいは将棋ウォーズでもいいですが、ある程度棋譜の質が保たれる最低限の持ち時間にして棋譜記録読み上げ全部省略して、解説やゲストも引退棋士とか使ってかなり節約して。

対局不正チェックとかも思い切ってやらない、とか節約しまくって、なるべく経費削減しつつ、棋士にはちゃんとお金が落ちるようにしつつ、老人ハンデとして5秒とか、10歳年取る毎に+5秒みたいな。そういう面白みも出してみるとか、先後で持ち時間に差をつけてみるとか、ネットならではの遊びの要素があってもいいような気がします。

JT杯や富士通の達人戦がその代表格ですが将棋イベントと企業共催・主催の形は非常に難しいものがあります。楽天が球団経営は広告宣伝費ではなく、それで収益を得るために色々工夫したように、ネット企業との上手い連携で双方にとってメリットのあるイベントが出来そうな気もするんですけどね。

ちょっと電王戦は、米長邦雄亡き後という意味で言うと、このままでいくとネット企業側にいいようにやられた挙句に、壮絶に捨てられるか、あるいは喧嘩別れになるような懸念があります。。ありませんかね?

うまく、コンピュータとの対戦での歩み寄りを交渉条件にして小さなものでもいいので、棋戦作って欲しいですね。テレビにあるものは、大体ニコ生にあるわけですし、早指し棋戦、作ってくれないかなあ。

最後だいぶ話がそれましたが、以上です。。


早分かり 相矢倉 定跡ガイド (マイナビ将棋BOOKS)



関連するタグ 米長邦雄 谷川浩司 北尾まどか 片上大輔

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

はじまりました!彼女のいない貴方に朗報!将棋ウォーズがクリスマスイベント!(涙

いやー遂にはじまりましたね。お正月の振り駒券ってなんだろう?

年に一度、必ずやってくる罰ゲームイベントといえばクリスマスが代表的ですよね。なぜか、非キリスト教国である日本で、なぜか恋人たちと寄り添いながら、KFCを食べて、ケーキを食べて、脂質と糖質の過剰摂取の末に愛しあう…そんな恐ろしいイベントです。

パートナーがいない人間によるクリスマスキャロルならぬクリスマス・テロルが危惧されるところですが、今年からはもう大丈夫。倒すべき相手が、そこにはいる…から!

そうです、将棋ウォーズがちゃんと空気を読んで24日12時から25日13時までの限定クリスマス特別祭をひらいてくれるんです。ヨカッタですね。

どのみち連休明けの月火という、イベント日としてはいまいちすぎる日取りなのですから、わざわざチキンでもターキーでも食う必要ないと思います。三連休で色々食うでしょうし、年末年始も食うんですから、太りますよ?私も昨日も今日も忘年会です…。

うちは冗談抜きでクリスマスは祝わないので将棋ウォーズの大会をしっかり楽しみたいと思います…あれ、目から汗が…。

関連するタグ

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋ウォーズの大会で上位入賞するための極意

今日は、将棋ウォーズの大会で上位入賞するための極意・・・について書きたいと思います。究極的には「強くあれ」の一言なんですが…。

ここまで私が参加しはじめてから、4回ぐらいあったと思うんですが、全体ではもっとたくさんあったかと思いますが、これまでの私の結果としては二桁はまあ無理だなーって感じですね。。

その程度のレベルの私が、思ったことを書きますよ。。

1.目指す勝ち星は1日6勝ぐらい

前々回の大会ではほぼ指すことができずにかなり順位としては低かったんですが、今回はかなり指すことができました。対局数というか、勝ち星目安としては、大体少なくとも40勝ぐらいはほしいところです。

勿論勝率との兼ね合いもあるわけですが、絶対数としてそのぐらいあると安心です。40勝÷7日間=5.7勝/日。勝率五割の人だと10局チョイですね。3分切れ負けだったら1日に何度か時間をとれる人であればこなせる対局数だと思います。

朝晩で5局ずつとか、お弁当男子だったらお昼にも3局ぐらいは行けますよね。。


2.目指す勝率は.666

いわゆる2勝1敗ペースを目指すべきでしょう。べきとか言われても・・・って感じですが。マッチング具合がよくわからないのですが、大体上下万遍なく当たってるような気がします。すごく弱いを試してないのですが、ほかの設定だと、どうなんでしょうか、その設定が大体いきてるのかな?

いつもより何となく強めの人が当たるような気がしましたが気のせいでしょうか。とりあえず同格レベルに負けない、勝ち越す、ことが重要になります。


3.負けたらインターバルをおく

このインターバルはそんなに長くなくてもいいんです。タバコでいえば2本ぐらい。お酒でいえば、缶ビール350ミリ、腹筋でいえば、疲れるまで。トイレでいえば、小で水滴を完全に切る。そういうレベルです。

時間でいえよって話なんですが、10分もかける必要はないです。5分とかでしょうか。それぐらいでもいいので、まったく違うことをして、切り替えるのがいいと思います。それだけで通算勝率としては五分ぐらい変わってくるのではないでしょうか。


4.勝ったら負けるまで指す

これは3と逆のケースなんですが、人情として、勝ってきたら大事に大事に行こう・・・と思うかもしれないんですが、逆に勝ってるときは負けるまで指すのがいいと思います。勝ってるということは、好調なのか好運なのか、あるいはその両方か。止める理屈はありません。

勝利の為なら彼女も中洲。あ、中洲の字が違いましたね・・・。


5.棋神はしっかり使っていく

もっともよい棋神の使い方、みたいなのもあるわけですが、私のおすすめは中盤の難所、終盤の入り口、ちょっと良いな?ぐらいの局面ですね。そういう局面でこそ力を発揮します。ちょっと悪いな?という局面では、変な手を指してきますので、自分で暴発せずに粘ってください。

連勝モードや一度での連続対局数が増えると貰える印象がありますが、もらったらその日に使い切る。宵越しの棋神は持たない、そういうのが江戸しぐさだと思います(いろいろ間違ってる)。


6.順位がある程度確定したら指さない勇気を持つ

これはどうなんでしょうか。運営的には悩ましいところだと思いますが、あえて私は言い切ってしまいますが、ある程度の対局数をこなしきって、この順位ぐらいが自分的にはもう限界だな・・・というところに到達したら、すっぱりきっぱり、指し止める、というのがいいかなと思います。

過去、それをやらずして、泥酔モードで沈んでいった・・・というのを何度か経験している私だったりします。若い人にはそのようなつらい思いを繰り返してほしくない。私の一週間を返して・・・ということになりますから。。

勝ち星数にもよりますが、大体最終日のどこかで打ち止めるのがいいかなと思います。それから変動する(下落する)のは微々たる数値かなと。


7.もらった棋神の使い道は?

最後に、棋神の使い方TIPSですが。上位入賞を果たすと、しこたま棋神をもらいます。これをもらったら、ふんだんに使いましょう。まずは設定画面で、対戦相手の条件を「凄く強い」に変えて設定変更ボタンを押します。これを押し忘れると設定されないのでご注意を。

あとは、格上相手に、「こぼれイクラ軍艦」ばりに贅沢に棋神を使ってください。定跡・得意形まで組み上げたら、あるいは仕掛け開始したあたりから、大体3-5発ぶっこむと、上位格上の相手でもたいていぶっ飛びます。(3発=15手、双方の手でいうと30手。5発=50手分に相当)。

格上殺しが流行るので、大会の後の数日間はおとなしく山にこもるか、勉強するか、バイトに精出すか、或いは仕事するか、酒飲むか・・・ぐらいであまり指さないことをお勧めします。


以上、ほとんど役に立たない戯言でした!><

第70期名人戦前夜祭@椿山荘 に行きます。

日曜日の予約投稿ですが、以下のイベントに行く予定です。

日時
4月9日(月)17時より受付 18時~20時
場所
椿山荘 東京都文京区関口2-10-8 ℡03-3943-1111
交通(JR目白駅からタクシー10分・有楽町線江戸川橋から徒歩10分)
会費
1万円(中学生以下2000円)記念扇子付



昨年の記念センスも持っているので、セットでアップしましょうかね。

また、当日お越しの方は、Twitterのダイレクトメッセージ等でお声がけください。
(知人と一緒にいくのですが、ひっそり抜けますのでw)


さて、名人戦の予想ですが、大方は羽生善治挑戦者ノリ、なんでしょうね。もちろん私もそうですが。。ただし、森内俊之名人もこの前の島朗戦で圧勝しており、ここにきてピッタリ復調してきた可能性が高いです。

どちらが勝つにしても名局、熱戦を期待したいところです!


イカガ?(´・ω・`)つ プロフェッショナル 仕事の流儀 第V期 名人戦 森内俊之VS羽生善治 最強の二人、宿命の対決 [DVD]

モヒトツ イカガ?(´・ω・`)つ プロフェッショナル 仕事の流儀 棋士 羽生善治の仕事 直感は経験で磨く [DVD]


関連するタグ 羽生善治 森内俊之

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

「将棋倶楽部24『藤井猛九段』がユーザーのみなさんと対局! 」を観た。




http://live.nicovideo.jp/watch/lv55454221

「将棋倶楽部24」シリーズ第6弾にはインターネットで大人気の藤井猛九段にご登場願います。

今回は新趣向!
ユーザーのみなさんにアンケートやコメントで対局に参加していただきます。

作戦の岐路で、勝負どころで、次の一手や方針を決定するのはみなさんです。
大勢のご参加をお待ちいたしております。

1.対局ルール等
・手合いは角落ち、時間制限なし
・指し手は司会者がコメントから選ぶ、アンケートを実施するなどして決めさせていただきます。
※ただし「ここは一目」といった場面ではそのまま手を進めさせていただく場合がございます。
※司会者にはサポートスタッフがついております。


ニコニコ動画の面白さに気づいたのは去年だったか。生放送が更に面白いのに気づいたのはタイトル戦の大盤解説だったか。

ということで見てみました。角落ちの手合いで藤井猛九段が趣向を凝らしたこともあり、あとは相手の実力を測りかねていたところもあり、将棋自体は下手の圧勝となりました。
いちご囲いの使い手である私としてはあの△7五歩の位が如何に辛いかというのを身に染みて知っているので、あの手でやはり指し易くなったかなと。

また、銀冠か矢倉か?という下手の囲いの構想については、棒銀や棒金がみえているところでは、矢倉のほうがいいと個人的には思うので銀冠にならなかったことについての不満はなかったです。

投了局面の△5六歩についても第一感の手で、5七にストレートに飛車が成られることさえなければ怖いところ無し。

ということで、将棋の内容自体はイマイチでしたが、比較的楽しく見ることが出来ました。

*************************

ユーザーからの質問コーナーでは、私が聞きたかった・私も質問した内容があって良かったです。その質問とは…

「第82期棋聖戦、第二局指し直し局」で羽生善治棋聖が角交換振り飛車穴熊を指したことについてどう思いましたか?というものでした。

私は、藤井猛九段に複雑な気持があったのではないかと深読みしていたのですが、その質問に答えるときの藤井猛九段は本当にちょっと嬉しそうな雰囲気で

「いやあ、嬉しかったですね。羽生さんがああいう将棋を指すのを観たことがなかったし、タイトル戦で出たのも多分初めてだろうし。あれは指し直し局で持ち時間が少なかったから(実戦的な意味合いで)つかったというのもあると思いますが、今後も指して欲しいなあと思います」

というような回答をしていたのでした。


あと、ご本人が何故「角交換振り飛車」を最近多用されているのか?ということについては。

「話は少しそれますが、昔はファーストフードのようなものは体に悪い、将棋が強くならないと思って食べなかったんです。でも食べてみると案外美味しい、そういうことです。」

という上手い喩えをしていました。これの意味が分かっていない人が居たみたいなので、無粋ながらに蛇足すると。

「昔は本格的な四間飛車ばかり指していて、こういう角交換振り飛車は将棋の本質から離れている、将棋として良くない、と考えていたけれども、実は指してみると案外面白い」ということだと理解しました。




相振り飛車を指しこなす本〈3〉 (最強将棋21)相振り飛車を指しこなす本〈3〉 (最強将棋21)
(2008/01)
藤井 猛

商品詳細を見る


関連するタグ 藤井猛 駒落ち 羽生善治

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
8位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク