FC2ブログ

携帯中継2月21日?25日の感想(その2)

昨日は「携帯中継の最近の状況」についての感想になってしまったので、今日は実際の対局の感想。棋譜を取り上げないし、再見しないので誤りがあるかもしれないが、印象としての感想ということでご容赦ください。

2011/2/21

第52期王位戦挑決リーグ 吉田正和-佐藤康光
確か相矢倉だったと思う。三筋七筋でお互いに角で歩を換えに行く展開。先手が得た歩で先攻したが、やや細い攻めで途中からは完全に切れてしまった。やや暴発っぽい淡白な将棋だった。


第82期棋聖戦決勝トーナメント 深浦康市-飯島栄治
この将棋も藤井流の矢倉の早囲い版のような展開。終盤、合い駒請求に応じなかった後手が詰まされてしまったが、先手の挟撃が上手かったと思う。あの王手飛車手前ぐらいからは先手が良かったのかもしれない。


2011/2/22
この日の将棋だけで払った価値があると思った。未見の方は是非御覧ください。

第52期王位戦挑決リーグ白組 村山慈明-三浦弘行
同型から新構想が見られた。後手は秘奥義を繰り出してようやく価値、ということに変りはないが、そろそろ△8四歩にもどりつつあるようだ。


第52期王位戦挑決リーグ紅組 遠山雄亮-豊島将之
相穴熊。これも良い将棋だった。遠山雄亮編集長プロ、通称「編プロ」が序盤で勝勢を築いた。そこから逆転模様になるが、勝ち切り、穴熊で屠った一流棋士リストに豊島将之プロの名前を刻んだ。


第82期棋聖戦決勝トーナメント 戸辺誠-渡辺明
こちらは、鈴木大介流の角道オープン中飛車美濃からの居飛穴退治。棋理的には振り飛車が良いはずだが、勝負としては穴熊が強い、というような将棋。これで振り飛車が勝てれば手合い違いだろうが、それを是非目指して欲しいとも思う。


+++++++++++++++++++++++++++++++

恐ろしく簡単な感想だが、そして繰り返しになるが2月22日の将棋はどれも面白かったので是非ご覧頂きたい。


中原誠名局集

【送料無料】中原誠名局集

【送料無料】中原誠名局集
価格:2,940円(税込、送料別)

関連記事

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 渡辺明 深浦康市 三浦弘行 豊島将之 遠山雄亮 戸辺誠 飯島栄治 佐藤康光

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)