第18期銀河戦 決勝T 準決勝第1局 ▲佐藤康光vs△中村太地

先手佐藤プロで相矢倉に。後手番の中村プロは元振り飛車党で今は居飛車をメインに指すようだが、かなり上手に指しこなしている。本棋戦でもオール居飛車ではないだろうか、前局の対橋本プロ戦も見事な指し回しだった。

本局もテーマをもって臨んだようで、12手目の3二銀で現代矢倉の最前線を思わせる出だしとなった。いわゆる既存のノーマル矢倉は過去の蓄積が深すぎて広すぎるので、ゼロから学ぶのには躊躇するものがあるが、この展開はそれに比べるとまだ未解決か、狭いので転向組にはやりやすい意味があるのだろう。この左美濃・早囲い系は大きく区分するといわゆる藤井流として良さそうな駒組み。(最も藤井プロは後手番では指さないわけだが)。

角を手順に捌かせると面白くない先手は本譜のように角を飛び出して先手飛車を睨んで金銀を盛り上げていく指し方となる。

この指し方、かなり強い人は別にして、先手番としてはそんなに楽しくないというか、指しこなすのが難しいと思うので後手としては全然優勢ではないのものの、気分だけは良い気がする。本当に気分だけで、形勢はむしろ棋理としては先手が良いとは思うが。

良く分からないのが先手陣の堅さ具合。この端が狭く桂馬が跳ねており、銀が上ずったような銀立ち矢倉?というのは堅いのかどうかというのはいつも悩む。ただし飛車・角・桂馬だけとはいえ先攻できたことは間違いないので多分先手が良い。

67手目、直ぐに見える後手からの攻めもないのでずばっと角を切ったのが佐藤康光プロらしい強力の攻め。続く構想として5筋で一歩もったのはいいとして、5筋の銀取りを放置しての端攻めには驚いた。

飛車が成り込まれると相当危ないように見えても金や飛車など後ろに利く駒さえ与えなければOKということで、確かにそれらを与える機会はしばらく無さそうだが、これでいいなら話は早い。

続いて81手目、香車も棄てての▲3三歩。この時点での形勢判断は、玉の堅さは当然先手、手番も先手、駒の損得は先手のザ・角損。既に局面は終盤ということだ。攻めが続けば玉の堅さが大差なので、先手が勝てそう。

89手目の▲4一銀が勝利打点の味。この手に金を逃げることは出来ない。ぱっと見えるのは逃げても角打って玉逃げて2三に馬作られると3三桂成?飛車成という感じ。後手に飛車や金が渡る日は一生来ないので、飛車に成られても怖くない。

溜まった攻め駒で反撃を試みる後手だが、金or飛車がない時点でどこまで行っても…という状況に変化はなく、最後は二枚の強力な大駒の力で先手の佐藤康光プロが寄せ切って終局となった。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

本譜は相居飛車・相矢倉らしい攻防というか先手の攻撃、特に捨駒、手抜きが印象に残る一戦だった。佐藤康光が先手を持つとこのようにしてタコ殴りの展開があるのだなあと改めて感心した次第。

矢倉も最近ではスピードアップが図られて、新二十四手ですら悠長な具合になってきたように思われるが今後の矢倉における流行に注目していきたい。
関連記事

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 矢倉 中村太地 佐藤康光 銀立ち矢倉

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)