FC2ブログ

藤井聡太における「羽生マジック期」は終わった気がする。

ちゃんと調べてないんですが。あくまで印象論です。例のデビュー後の29連勝の頃がまさに何もなくても何かをひねり出す、羽生マジックみたいな状況だったと思うんですが、ここ最近の勝ち方を見ていると既に王道っぽい感じがします。

評価値でいうと、デビュー当初は藤井聡太七段側の評価値がマイナスの局面が頻出しつつ、何かしら勝負手を放って逆転して…という感じだったのが、ここ最近、特に今年の夏以降の将棋をみると中盤まで評価値のブレが少ないものの、徐々に良くなり終盤の入り口を有利な状態で迎えて緩み無く寄せきって圧勝・完勝、みたいな将棋ばかりに見えます。11月の王将リーグの広瀬戦は負けたものの、中盤まではまさにその展開でした。

トッププロとの対戦成績を見ても、豊島さんにはまだ勝ち星はありませんが振り飛車の実力者二人(久保・菅井)への苦手感のようなものは払拭されつつあるように思います。またVSをやっている永瀬二冠の言動からみても藤井聡太七段が互角以上の数字を残している模様。その他のトッププロとはだいたい最低でも「勝ったり負けたり」以上なので今期B2に昇格すると予選の枠が変わってくるので今まで以上にタイトル挑戦に絡んでくるのではないでしょうか。

若手時代の羽生さんは中終盤でひっくり返すスタイルが(時代的な理由もありますが)数年はあったように思いますが、藤井聡太七段は既にその域を脱して序盤が更に洗練されてスキが無くなったように見えます。プロの序盤、特にトッププロの序盤戦術にも既に追いついているというか。

ソフトの出現で昔よりも若手に情報の優位性みたいなものは(今でももちろんあるとは思いますが)少なくなっている中で、相手の準備に面食らうことが少なくなっています。流石に後手番だと負けることもあると思いますが、先手番では今期はA級棋士にしか負けていません。

棋聖戦はまだ分かりませんが決勝トーナメントに進出する場合、振り駒の引きの良さも必要になりますが4連勝で挑戦者になることは十分にありえると思います。


師匠の杉本さんの本が出るようです。
悔しがる力 弟子・藤井聡太の思考法

関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)