FC2ブログ

ソフト以降の将棋観について。

観る・指すどちらも好きな、普通のオジサンの感想なのでどこまで正しいかはさておき、最近思っていることを書きます。

この前の王将戦王位戦第2局、豊島さんが恐ろしかったですね。ソフトの評価値では1500点以上先手に振れていたみたいですが、そこらへんでの豊島さんの長考って、あれはソフトと戦っているというか対戦している経験値があるからじゃないかな?と思いました。

ソフトと駒落ちやるとわかると思いますが、自分が絶対勝ちそうな手合い、例えばプロとやるときは角落ちだったら四枚落ち、二枚落ちだったら六枚落ちとかでやってみてほしいんですが、とにかく負けないんですよ。

豊島さんが研究範囲は時間を使わないのって、苦しくなった時に一番粘れる順を探るため…というのもあるんだなーと思いました。いつもは良くなったときのここぞという局面で確実に勝つために時間を意図的に残しているんだなと思っていましたが、逆のケースでも相手が最も嫌がる、そしてもっとも点数の振れ幅が大きくなりそうな手順を深く読んでいました。

将棋は強い人がちゃんとやると凄く負けにくい、倒すのが大変なゲーム。ただ形勢の離れ方によっては単に粘っているだけ、になってしまうのでそうならない一歩手前でその負けにくさを維持するのが大事。ちょっとタイプは違いますが糸谷さんはその辺りがとても上手いです。

ソフトがめちゃくちゃ強くなっているので最強クラスのソフトだとプロでも角落ちだと相当大変なんじゃないでしょうか。プロが角落ちの下手を持ってどのぐらい勝てるのか・?というのは気になります。強いソフトに勝つには100手とかの勝負ではなく200手ぐらい掛かるので油断ならないと思います。

最近ソフトを使って角落ちの序盤研究とプロに指導を受けた棋譜の感想戦というか解析をやっています。あと将棋ウォーズ専用?の超急戦系の序盤の研究。

そこで思ったのは、人間の直感的な各駒の評価というのが割と実際の駒の強さとズレているんじゃないかな?ということです。

具体的には、私は今まで飛車の価値を高くみすぎていた気がします。あと角と金の差異は私が思っているよりも小さい。桂馬と歩の価値の差も小さくて、歩自体の価値は思っていたよりも高い。私の感性としての話ですし、もちろん局面や戦型にも拠る所はあるんですが、急戦調の将棋ほどそういう傾向があると思っています。

その辺りを意識しつつ、どの戦型においてもなるべく急戦調、それもできるだけ手順を端折った、早めに開戦できるような作戦を幾つか揃えています。中には厳密には全然こっちが良くない、具体的には数値で-300とかなんだけどそこからの展開としての経験値がこっちに溜まっているので早指しにおいてはこっちが有利、みたいな手順も含めています。
県代表とか目指すなら別ですがそれより下の目標の場合は、(ド)急戦調で序盤固定、というのが一番上達の近道のように今は考えています。
関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

コメント

No title

人間は飛車の価値を高く見過ぎていた、角と金の価値は人間が考えるほど大きくなかった、というのはまさしく。あとは、ソフトは歩切れをかなり重視する傾向があると感じています。逆に、馬の価値を甘く見る傾向も感じます。
なお、「(ド)急戦調で序盤固定、というのが一番上達の近道」というのは同感です。飽きたら違うパターンを試せばよいかと。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)