FC2ブログ

藤井聡太の魅力は大技にあり!藤井聡太の活躍が将棋界をどう変えるのか?


藤井聡太の若い頃の将棋を取り上げて解説しているものとして、最もオススメできるのは、「次の一手 藤井聡太29連勝の軌跡(将棋世界2017年9月号付録」です。https://www.amazon.co.jp/dp/B074GZ5828/

これ、師匠の杉本昌隆先生が、子供の頃からの好局というか藤井聡太さんの将棋の特徴が現れているものをピックアップしている、将棋世界の付録になります。
キンドルで120円なので藤井聡太さんのファンにはオススメします。

これ観るとわかるんですけど、あとは朝日杯優勝を決めた広瀬戦なんかもそうですけど、基本的には藤井聡太さんは常に次の一手級の、詰将棋的手筋であるような派手な手をまずは狙ってますよね。将棋のつくりとして。

ただ、相手もプロなのでそういう技が出にくい局面にしてくる。将棋界のステフィン・カリーと私は呼んでますけど、ステフィン・カリーってのは今までのバスケの歴史からみても規格外の3Pシューターなんですよね。シュートまでの動作が早すぎて小さすぎて誰も止められないし、遠くからでも決めてくる。ちなみにステフィン・カリーと藤井聡太さん、どちらもモンテッソーリ教育を受けてます。今から育てるなら、奥さん、モンテッソーリですよ?笑


で、その稀代の3Pシューターに打たせない展開に相手のプロ棋士は持ち込もうとする。その結果、藤井聡太さんが相手の面倒をみるような展開になっている…という感じがします。

ただ、藤井聡太さんが後手番のときには、先手番の棋士が主導権を握れるので、そのメリットを生かして派手なやり合いにならないように徐々に良さを拡大していく…というのが今のところ、藤井聡太さん対策としては一番有望なようにみえます。ただそれが滅茶苦茶難しいから8割を超える勝率を保たれているわけですが汗。

この前の順位戦、C1の対西尾明戦も鮮やかな収束でしたね。


今気になっているのは、藤井聡太さんが今後も長く活躍していくのは間違い無い中で、その活躍が棋界にどのような影響を及ぼすのか?という点です。これは人気度とかファン数とか世の中の注目とかそういうことではなく、純粋な技術としての話です。谷川浩司が終盤をパターン化し荒野が切り開かれました。そして羽生さんが序盤を整備して「知の高速道路無料化(笑)」を行い、全体的に早熟化が始まった。全体が早熟化した結果、三段リーグで渋滞が起こった訳ですが、藤井聡太が指し将棋と詰将棋の融合でぶっこ抜いて四段どころか七段になった。

ここまでが藤井聡太以降の世界で起こったことです。

いままでの将棋界は、一人の天才の登場により何かしらの棋界全体としてのブレイクスルーが起こっています。たぶん、そういう意味では藤井聡太以降の将棋界というのは、技術的な意味で何かしら新しいことが起きるはずです。それが何なのか?はまだ全然分かってないのですが、とてもワクワクしています。

ここから20年30年レベルで楽しめるはずなので、 今からでも遅くないので是非将棋のルールを覚えてほしいです!(と私は周りの知人たちに勧めています)。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)