藤井聡太の進化。(三段リーグ~プロ入り初期、そして今)

細かい棋譜は振り返ってないのであくまでも印象論ですが。

超初期からプロ入り29連勝、その後の10局ぐらいはなんというか終盤力がまず大前提としてあり、それを活かした圧倒的な寄せという感じだった。ギリギリの応酬から得た持ち駒を活用した長手数の詰みや、ちょうどバスケットボールでいうところのスリーポイントシューターのような、シュート動作の初動が早くて相手が反応出来ないような鋭い寄せを見せていた。前者は特にプロ入り前の三段リーグの棋譜でみられたもので、後者はプロ入りから29連勝するまでの間に何度か見せていた。

29連勝のあと、17年7月2日に佐々木勇気に負ける。その後、18年1月6日に大橋に負けるまでの間の成績が37戦26勝11敗(0.703)だった。勿論、悪い成績ではないがプロ入り後最初の壁のようなものを感じていたのではないか。A級や年上の実力者に負けている。ただ11敗のうち5つが早指し戦の負けであり、経験の無さを読みのチカラで補うことで勝ち星を増やしていたことを逆に裏付けている(そして現在に至るまで夕食休憩のある将棋で負けたのはあの30連勝をかけた佐々木勇気との対戦だけなのだ)。

年明け初戦は大橋に負けたもののその後15連勝中。年末年始の8日間の休暇で更に進化したように見える(おそらくリラックスして将棋に没頭した期間なのではないか?)。

29連勝中は相手のプロがまだ藤井聡太が何者なのか分かっていなかった所もあったはず。その後の37戦は藤井聡太の距離感を掴んだプロがそれを警戒した将棋を指したために経験値等で格上の棋士たちが順当に勝ちきった時期といえる。その後の15連勝をみて思うのは、”局面のスローダウン”ということだ。

先日のA級プレーオフ、▲豊島将之vs△羽生善治戦の終盤で「△4八と」という鋭い手が出た。手の意味としては攻めあいで後手の羽生が勝ち、ということもあるが一直線の手順に応じざるを得ない状況をつくり、その先にある局面では羽生が勝っていますよ、という主張の手である。読みぬけがあると負けになるので勇気のいる一手であり、羽生が常々自身を鼓舞するように言っている踏み込み、局面をスピードアップさせる手だった。

最近の藤井聡太の将棋は、ある意味羽生のこの踏み込みとは真逆に見える。一手違いの切り合いに持ち込むのではなく序盤で得た微差を更に拡大するような指し回しが目立つ。昔で言えば大山流の指し回しというか、一手前に受ける、というような手を指してから万全の状態になってからあの詰将棋解答能力を用いして寄せに入る。29連勝で見せた鋭さと、その後の36戦で先輩棋士たちに警戒された後の将棋を経て、更に進化した印象だ。

ちょっと模様の良さそうな中盤でスピードアップさせずに模様の良さを具体的な数値としての良さに繋げて、そこでも慌てずに相手に暴発させて討ち取る、という将棋。特に衝撃的だったのは先日のC2の最終局、三枚堂達也戦で、50手目に三枚堂が△31歩と底歩を打ってから終局まで後手の三枚堂の駒台に歩が乗ることがなかった。通常、将棋の攻めというのは燃料としての歩があるはずで相手に歩を渡しながら攻撃のキッカケを得たり、手番を得て良くしていくものだ。

そういう手を一切指さずに次に厳しい手を見せて後手に動かせてその動いた手をひたすらに咎めて、本来は歩を打っておびき寄せる手を後手が指すしかなくなってからおもむろにようやく寄せにでたのだった。

次の対戦(3月22日)で藤井聡太はA級に圧倒的な成績で上がった元タイトルホルダーでタイトル戦経験が複数ある糸谷哲郎と対戦する。糸谷将棋の特徴としてはその創造力豊かな指し手にある。考慮時間の使い方にも特徴があり、そのコンビネーションにやられる棋士も多い。現在のトッププロでは最も個性的な棋士の一人であることは間違いなく、こういうタイプの将棋に対して藤井聡太がどういう指し回しを見せるのか?非常に楽しみである。持ち時間は5時間なので作戦的に翻弄されたとしても持ち直すことは十分に可能なはずで、幻惑する糸谷vsそれを必死に振りほどこうとする藤井聡太…という構図になるのか、或いは糸谷が先手で非常に真っ当なチカラのこもった将棋になるのか。

どちらが先手になるかによって大きく変わってくる気がするが非常に楽しみな対戦であることは間違いない。ここでもし藤井聡太が勝つようだと自身のもつ29連勝の記録を上回る連勝をしても誰も驚かないのではないか。
関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 藤井聡太 糸谷哲郎

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)