「1マイル4分の壁」を突破した将棋界の今後。

「1マイル4分の壁」というものを知っていますか?

ウィキペディアから引用するとこのようなものです。


1923年にフィンランドのパーヴォ・ヌルミが1マイル4分10秒3の記録を樹立。それまで37年間も破られずにいた記録を2秒も更新する驚異的な世界記録だった。もうこれ以上の記録は出せないだろうと専門家は断言し、1マイル4分を切ることは人間には不可能というのが世界の常識とされていた。世界中のトップランナーたちも「1マイル4分」を「brick wall(れんがの壁)」として「超えられないもの」と考え、エベレスト登頂や南極点到達よりも難しいとさえ言われていた。

しかし、オックスフォード大学医学部の学生であったバニスターは、トレーニングに科学的手法を持ち込み、自分のコンディションを科学的に分析した。そして、2人のチームメイトをペースメーカーにして4分の壁を破った。

46日後の1954年6月21日、フィンランドのトゥルクで、ライバルだったオーストラリアのジョン・ランディが3分58秒で走り、バニスターの記録は破られた。その後不思議な事に、1年後までにランディを含め23人もの選手が「1マイル4分」の壁を破った。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ロジャー・バニスター




将棋界における四分の壁はなんなのか?というのはあるものの、何かしらの心理的な障壁を打ち破ったのは紛れもなく藤井聡太その人でしょう。

29連勝、五段昇段すぐに朝日杯で名人・竜王・A級をなで斬りにして優勝で六段。しかもまだ中学生。

藤井聡太がミラクルであることは間違いないですが、そのミラクルに引きずられるようにして幾つもの驚くべきことが立て続けに起こっています。

若手タイトルホルダーが誕生したのも、各順位戦が超ハイレベルな昇級戦線を維持したのも、A級の6人プレーオフも全て将棋界における常識のようなものが崩れたからこそなのではないでしょうか。

漫画のような展開、漫画であればボツになるストーリーと言われる出来事が頻発していますが、これからも起きるような気がします。可能性の上限キャップが外れた世界となり、更に盛り上がっていくのではないでしょうか。

藤井聡太さんの活躍に触発される棋士が多い中、もっとも奮起しているのはもしかすると羽生善治竜王かもしれません。先日のA級プレーオフ、豊島将之八段戦での後手の桂頭を攻める▲35歩がそこまで厳しくないと読んだ手順、そして53に角をなられてぼろっと23の金を取られても平気と読み切った△48と金。じっと我慢する所と一気に踏み込む変幻自在の手順に、羽生善治の真髄をみた気がします。

以下、私の感想ツイートから引用して終わります。


関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 羽生善治 藤井聡太

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)