FC2ブログ

プロの第一感(直感)とは何か?

土日はあまりネットを追えないこともあり見逃していたのですがこれは良い記事ですね。

http://shogi-daichan.com/2018/02/17/直感とは何か/

私もよくブログに書くのですが、大体の局面においてプロだと第一感、一目でこれ、という手が多くの場合に重なり、しかしその手がアマ三・四段であっても全然さっぱり当たらない…という話。

プロレベルのアマチュア強豪だと当たるので、これは純粋に終盤力が一つ関係しているように思います。終盤力というのは2つの要素からなり、それは終盤特有の手筋をどのぐらい記憶しているか?という部分とどのくらい広く・深く局面を読むことが出来るか?という脳内盤面上の操作能力なのかなと思います。

そのどちらもが機能して、ある程度分かりやすい局面ではプロの第一感が同じ手になるのではないでしょうか。第一感で見える手というのは言い換えれば局面が自分にとって最も良くなる(最も悪くならない)手順の初手であり、ある程度深く読めるプロには自明でそうでない例えば四段以下の人には見えない…のかなと。

あと考えられることとしては、「棋は対話なり」という言葉がありますが将棋には言語的な要素もあると思っていて、例えば藤井猛プロはたまに自虐的に(多少誇張は含まれていると思いますが)、「彼ら(羽生世代などを指して)彼らは子供の頃からやっているけど、こっちは始めたのが遅かったから秒読み勝負になると…」ということを言うことがあります。

そういう意味では、いわば将棋ネイティブな人たち(藤井猛プロを含むプロ&アマ強豪)の会話する将棋言語と、それよりも低い棋力の人たちの将棋言語の違い、というのもあるかもしれません。いわゆる手筋や定跡は言語でいえば言い回しや慣用句などに該当し、大局観はモードというか様式のようなものなのではないでしょうか。日本語だとわかりにくいですが、ある種の言語や国では階級毎にハッキリと違いがあります。それに似たものがあるような気もします。

指し手の流れが言い回し的な要素を含むとするとその言語を幼少期から用いてきた小さな集団(奨励会)のなかで無意識に形成されたものがあるのではないでしょうか。人間の能力はそこまで違いがないはずなのに、年齢が上がっていくと勝てなくなっていく理由の一つもこの辺にあるような気がします。奨励会三段レベルで新たに形成された表現手法に思考が硬直化した高齢者がついていけなくなる…というような。羽生さんの柔軟性と長期に渡る活躍のヒントもこの辺に隠されているのではないでしょうか。

私は長年定跡も覚えず詰将棋もやらず楽して将棋を指しているせいでほぼ棋力が上がっていません。そういう人間が考える「アマチュアが手っ取り早く将棋を強く方法」は詰将棋(の回答能力をあげること)じゃないかな?と思っているのですが…。最近やってる詰将棋って将棋連盟のサイトの毎日詰将棋(https://www.shogi.or.jp/tsume_shogi/everyday/)だけですね…。真面目に終盤勉強しようかなぁ…どうしよう?
関連記事

Tag : 片上大輔

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)