FC2ブログ

穴熊退治のお手本 ▲松尾歩八段vs△藤井聡太四段(第11回朝日杯 二次予選)

午前中に屋敷伸之九段の急戦矢倉を後手番でうまく反撃して破り、公式戦での対A級の初勝利を飾った藤井聡太四段。もちろん非公式戦での成績をみる限り時間の問題とは思っていたが、本番と非公式戦では意味合いが違ってくる。本人もホッとしたところはあったのではないか。

そして迎えたのが実力者松尾歩八段。

▲松尾歩八段vs△藤井聡太四段(第11回朝日杯 二次予選)

またもや藤井聡太が後手番となり、矢倉模様のオープニングから松尾歩八段が飛車を振った。意味合いとしては、後手からの急戦を回避しつつ、実戦的に勝ちやすい穴熊に囲い、対振り飛車であまり性能のよくない囲いを用いる印象のある藤井聡太の持久戦調の将棋にしようということだろうか。

先手の一手分の得をそういう実利に回した印象がある。

お互いに角を捌きあった局面では厳密には棋理としては居飛車側が良さそうな雰囲気はあったが、そうは言っても相手は松尾八段でしかも穴熊。香車で竜を追われると、馬が働いてくるのでどうするのか?と見ていると自陣に引きつけて角と交換になった手で金を引き締め、先手の馬がやや空振る格好となった。そして絶妙なタイミングでの端歩。対抗形におけるこの端歩のタイミングがいつも絶妙で、中盤から終盤への切り替えが見事な一局でした。


それにしても。繰り返しになりますが、あの薄い陣形から互角に捌き合って桂馬三連発で一気に寄せるとは…。一気に寄せ形にもっていくスピード感はまさに将棋界のステフィン・カリーと呼びたい感じ。シュート体勢の作り方、遠くからでも入れてくる終盤力、まさにステフィン・カリーみたいじゃない?
関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 藤井聡太 松尾歩 屋敷伸之

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)