FC2ブログ

成長の糧 第67回NHK杯 ▲稲葉陽八段vs△藤井聡太四段

NHK杯で敗退してニュースになった例は今まであるのでしょうか…?

結果は既に出ていますがNHK杯、藤井聡太四段は稲葉陽八段に敗れました。公式戦では豊島さんに続く二人目のA級棋士との対戦で、連敗ということになります。

どちらの将棋も、A級棋士の試合巧者ぶりが目立つかんじで、序盤でペースを握られて頑張ったものの押し切られた印象を受けました。が、同時に恐ろしい強さを見せつけた感じもあります。ルーキーの打者と球界を代表するエース級の対戦で二打席とも三振に終わったが次の対戦が楽しみになる三振だった、というように。

第67回NHK杯 ▲稲葉陽八段vs△藤井聡太四段

おもいっきり後出しジャンケンになりますが、タイプ的に負けるならこういうタイプの将棋に負けるのではないかな?とは思っていました。どちらかといえばじっくりした展開よりもガンガン来られるほうが嫌、というのが現時点の藤井聡太さんの将棋のように見えます。やはり経験値が貯まってない戦型がまだあるので、トッププロで得意な展開、用意した作戦で臨まれると特に短い持ち時間の将棋では大変、という。

本局は相掛かりになりました。先手が主導権を握りやすい作戦で、本譜もそのようになります。横歩取りのような74の歩を取らせる作戦が流行っています。最近では山崎隆之さんや糸谷哲郎さんがこの作戦で稼いでいる印象があります。本譜は△73桂が勇気のある一着というかリスクのある一着です。歩を取らせて手得で戦う場合でも金銀で盛り上がる位をはる作戦ではなく、将来の桂頭の弱点がありつつも跳ねた、というのが意外でした。

先手は争点ができたので素早く美濃囲いを構築し、後手の桂馬を攻める展開となり勝ち負けは別として、方針はわかりやすくなったかもしれません。62手目、△6一桂と受けただけの場面では既に駒得+馬得の先手が良さそうに見えます。あとは後手がクソ粘りしているだけ…かと思いきや、110手目に△73桂と捨てた局面では先手の金と竜が遊んでいる分、かなり持ち直したように見えました。ただその後2筋で精算されてしまうとやはり先手が良い局面だったので、何かあったとしたらこの前後だったように思います。

終盤の千日手模様のところは千日手というよりは先手の時間稼ぎ。かなり離れていた将棋を万が一にも逃さないという稲葉陽八段の非情な真剣味のある場面でした。丁度同じA級の豊島さんが千日手になる手順に誘導して先手番を得たうえで完勝した将棋を思い出しました。これからタイトルを取ろうとしているバリバリのA級棋士が、棋士になりたての若造に負けるわけにはいかんのだよ!という気合をみた気がします。

ルーキーイヤーに活躍し、ある程度手の内を明かしていくと相手もプロなので対応してきて成績がある程度落ち着く…という現象を2年目のジンクスといいますが、そこまでの大きな弱点ではないものの、やはり天才の集まりであるところのプロ棋士同士の戦いなので、それなりに藤井聡太さんの特徴を掴みつつ、対応されているように見えます。ただそういう対応ですら、まだ若すぎるぐらいに若い藤井聡太四段にとっては糧となり、より大きく育っていくのだろうと思います。

今からすでにこれから20歳までの間にどのように活躍していくのか?が楽しみすぎますね。これからも応援していきたいと思います!

関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 藤井聡太 稲葉陽

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)