羽生、永世七冠誕生!第30期竜王戦第5局 ▲羽生善治棋聖vs△渡辺明竜王

これ、いわゆる速報系のブログだったらみんなこぞって獲得前提で書いてるはずなんですよ。私もそうですけど。私なんか11月から書いてますからね。挑戦者になった瞬間書いてます。嘘ですけど。

両者不調っぽい状態で開幕してから、ぐんぐん羽生さんが戻してきましたよね。なんというか鬼強い羽生さんが戻ってきました。ちょっと前期とか今期はタイトル奪取されちゃったりしつつ、鬼強いというよりは劇強いぐらいでしたけど、いまは完全復調ってかんじです。

ここ最近、戦型選択の道が広がり、拡散した結果、序盤よりも中終盤の捻り合いで決まることも多くなりましたし、逆に持ち時間がある程度長くて準備をし易いタイトル戦ではそれぞれに練った作戦で来るため、流石に挑戦者有利というか、ソフト的な形勢数値でいうと200-300点ぐらいは持ち込みでやってる印象がありました。しかし竜王戦開幕してから羽生さんの積極的な開戦と、そこからの円熟の指し回しのバランスが見事で、桂馬と角の運用における新常識、みたいなものを完璧に自分のものとされたようです。

ちょうど、中原先生が矢倉から新しい軽い速い作戦であるところの相掛かりを主戦法にされたような、そこまで劇的なモデルチェンジではないですが、積極的に最新トレンドをうまくモノにしたかんじです。

それにしても第五局は先手の圧勝といっても良いのではないでしょうか。渡辺竜王は全体的に特に秘策を用意しているわけでもなく、普通に指していた気がします。第五局もちょっとした工夫は最近の将棋感覚に近いものというよりは自身のこれまでの感覚に近い選択だったようにみえます。そういう序盤の組み合わせに対して、羽生さんがもっとも的確に咎めに行ったのが本譜の順なのではないでしょうか。

後手は飛車を一段目に引く手と、31に玉を囲う手が全くの無駄というかマイナスになってしまいました。封じ手の局面では先手が少し良さそうかな?ぐらいにみていましたが、そこからの手順、先手の指す手、指す手が気持ちよく、これは後手のココセですか?と思うぐらいの流れる手順が続きました。後手の渡辺竜王としては先手のミス待ち、キャンセル待ちで頑張るしか無いわけですが、キャンセルどころかおかわり自由、もりもり食べ野菜?みたいなかんじでしたね。指して気持ちのよい手順が続くのに、まだ必殺手が控えているという、最盛期のどっかのプロ野球チームみたいな感じでした。

69手目、▲15香とした手がまた気持ちよすぎますね。先手の攻めが全部通った局面です。ここで後手がなにをしても▲67角が更に気持ちのよい両取りで、下手するとこの場面での投了すらありえると思います。とここまで書いた所で予約投稿でしょうかね?




こんな鬼畜なツイートもしておりましたが、もっと早くに終わる可能性もありますね。




へぎそばって喉越し抜群なので、おそらくオクラうどんもその類かと思います。つなぎに粘り気のあるものを使う料理って正義、って感じがしますよね。




昨日の封じ手時点の私のツイート。ここから全く後手に有効な手段がありませんでしたね。飛車先の突き捨ても同銀ととられて全く
響かないとなるときつすぎます。







まさにこの辺ですね。しかし羽生さんにして最後のチャンスかもしれないという気持ちで臨んでいたという話がかなり衝撃でした。それだけ若手の台頭が著しいということなんですね。。

関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 羽生善治 渡辺明

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)