12月1日(金)の結果

この日はトップ棋士が沢山登場しました。

順位戦A級 ▲広瀬章人vs△屋敷伸之
角換わり、後手の早繰り銀。先に二歩得ることが出来たのと、先手玉が居玉、そこからの反撃の手順で桂馬を損した…というかんじで全体的に先手が無策だったように見えました。なんとなく広瀬さんの突き抜け無さは序盤巧者ではないところにあるように思えますが、それでもA級なのではやり中終盤がずば抜けて強いのがやはり重要なんですかね。。後手屋敷さんの快勝譜と思います。

順位戦A級 ▲深浦康市vs△行方尚史
深浦さんの雁木は予想してましたが、まさかの相雁木。ただし深浦さんに一日の長があり夕食休憩前後では先手がよくなっていました。その後かなりもつれますが、人間同士にありがちな良かった時間の長かったほうが勝つという展開に。深浦さんはこれで星を五分に戻し、行方さんはちょっとキツくなったかもしれません。


棋王戦 挑決T ▲三浦弘行vs△永瀬拓矢
角換わりから後手の早繰り銀模様に先手が手厚く構える作戦。この将棋、よくわかりませんでした。なんとなく先手が作戦勝ちかな?多少指しやすいのかな?というところから知らない内に後手が指せるようになっていました。形勢の差がそれほどでもなく、指し方の方針が良くも悪くも後手のほうがシンプルだったのが功を奏した、という感じでしょうか。

棋王戦 挑決T ▲佐藤天彦vs△黒沢怜生
角交換振り飛車。いやーここはアツかったですね。対抗型の醍醐味というか、レーティング差とかあんまり関係ないんですよね、ここまで来ると。黒沢さんの序盤の用意が行き届いていた印象で、飛車が向かい合う形で単純な押し引きなので少し間違ったほうが悪くなり、今回はそれが名人の方jに出て、そこからミスなく有利を拡大していきました。

名人はどちらかというと悪くなってからの粘りや、悪くなりそうなところからの踏みとどまりに特徴がありますが、こういう対抗型でしっかり対処されるとどうにもならないですよね、さすがに。よくある38角からの馬を作ったところでは勝勢までないにしても、形勢差よりもかなり逆転のしにくい局面であるといえます。

黒沢さん、ダークホースになれるか?ただ永瀬さんは元振り飛車党なので相手にするとちょっと嫌かもしれませんね。竜王戦ドリームならぬ棋王戦ドリームなるか?

関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 屋敷伸之 行方尚史 深浦康市 永瀬拓矢 佐藤天彦 広瀬章人 三浦弘行 黒沢怜生

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)