藤井聡太、先手番で二敗目。▲藤井聡太vs△大橋貴洸

11/29(水)棋聖戦 一次予選で藤井聡太さんの対局がありました。結果から書くと、藤井聡太四段は負け。今期8敗目、先手番で二つ目の負けとなりました。ちなみにどちらも対横歩取りでした。戦績は49戦41勝8敗(0.8367)となりました。最高勝率の更新もちょっとむずかしくなったかもしれません。

というか大橋さんも今期勝ちまくってます。今期絶好調同士の同期対決でした。▲藤井聡太vs△大橋貴洸。藤井聡太の先手で横歩取りの△85飛車型に進みます。対戦成績は2-0で藤井聡太が勝っているものの、内容的には大橋四段が互角以上の戦いを見せており、どちらも藤井聡太の勝負師的側面が出て勝っていた記憶があります。

横歩取りにしてはちょっと変わった出だしのようにみえ、40手目後手が△81飛とひいた局面では陣形的には後手のほうが私の好みでした。先手は一歩得していますが、攻めの銀の位置と飛車の位置の違いで後手が先攻できそうです。

55手目、反撃の手がかりとして▲45桂と跳ねた藤井聡太四段でしたがすかさず空いた47の地点に垂らされた歩からの大橋四段の攻撃がうるさかったですね。左右挟撃になった辺りでは後手のペースのように見えました。

では具体的にどこが悪かったのか?ということで局面を戻してみると…やはりその場面その場面ではおかしな手があるかというとそういう訳ではないんですよね。プロなので当たり前といえば当たり前ですが、凄いといえばやはり凄い。最善手で進めていったはずなのに先手なのに辛くなっていた、そういう局面が現れたということは序盤のつくりが宜しくなかった、ということなのかもしれません。

個人的にはかなり序盤に戻りますが、横歩を取ってその後に26に引いた飛車を28にまた引いて、しかも先手から角交換して…という手順に違和感をおぼえました。プロ的にはどうなのでしょうかね?

また、角換わりが得意な藤井聡太さんが、相掛かりや横歩取りでは比較的負けている点、またその負け方にそれぞれの戦法の特徴や、藤井聡太四段の経験値の貯まり方が出ているかも?と思いました。幾つかの戦法においてはかなり経験値が貯まってる印象で、その道筋に入ると相当強い。ただ、やはりまだ若いですから全般的な知識としては他の棋士たちに一日の長があるのかもしれません。逆に言えば、そういう経験の足りなさを順位戦など長時間の将棋では圧倒的な読みの深さでどうにか互角以上に対峙しているのだとおもうと、やはり凄い棋士だなと改めておもいました。

横歩取りの思想である、一歩取らせるすきにその手得を活かして先攻する…という大橋四段の積極策が功を奏した一局でした。

関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 藤井聡太 大橋貴洸

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)