FC2ブログ

プロ将棋の恐ろしさというか凄さ。

オチのない話になることを予めご容赦ください…。

前々から知ってる話ではあるものの、プロレベルの将棋になると私のような凡人からすると本当に恐ろしい強さである。それはソフトが強かろうがなんであろうが純粋に疑いのないところで。

もちろん、持ち時間などの制約条件もあるので、悪手がゼロということはトッププロでも大変難しいところであり、疑問手に至っては基本的には何手か一局のうちに登場する。

ただ、アマチュアの将棋に比べると悪手一発で将棋が決まることというのは少なく、あったとしてもそれは相手側にそういう手が決まりやすい、出現しやすい局面にまでもっていくだけの技術があってこそのものだったりもする。その良い例としては、糸谷哲郎さんや山崎隆之さんの将棋がある。

最近、プロの将棋をみていて、この辺が勝負どころだったかな?という局面を見極めて、そこでどう指せばよかったか?を考えるよりは、そこからどちらかが悪くなったということは、その手前に何かあったのではないか?という考えで局面を戻して考えてみることが多い。

最近、あまりプロ棋士の対局結果について観戦記というかブログを書く気にならないのは、他の方々でソフトの解析結果を併記されているケースも多いから。で、その解析結果の数値の大きく振れた、或いは形勢がそこから傾くきっかけとなった局面をみて、その局面で悪くなったとすればその手前はどうだったのか…と遡ってみている。

すると気づくのだ。その局面から遡ってみると、そこまでお互いに疑問手もなく、プロでいうところの第一感の手の積み重ねで勝敗を分かつ分岐点に至っていることが多いことに。

プロがやはりすごいのは、第一感と呼ばれる、一目その局面を観たときに普通ならこう指すよね?という手が大体プロのほとんどの常識というか共通感覚として一致していること。その積み重ねのなかで、いつしか訪れる形勢の境目。しかもその局面が、そこまではそれほどおかしくなかったはずなのに、あるいはむしろこっちがよかったはずなのに…という手順の末に現れることもある。自身が苦戦する局面として。

ゆえに、プロ棋士は棋理としての手順だけではなく、本人の思想・スタイルによるアレンジを加える。それが加わることでいつか現れる決定的な局面に対する自身の覚悟を決める。コンピュータソフトが強くなった、コンピュータ将棋がここで形勢が大きく振れたという数値だけではわからない部分、そこに至るまでの過程における必然性や、その局面が駄目だったとしてどうするべきだったか、どこまで修正手順を遡るべきなのか?というのは、実はソフトの解析結果だけでは分からないような気がしている。

序盤感覚において常識に囚われすぎないようにすること、終盤において人間には発見できなかった無筋の終盤のアヤを見つけ出すことにはソフトの解析は向いているかもしれない。ただそれ以外の部分であまりにソフトを信頼しすぎると袋小路に陥るような気がする。(のは、以前はソフトを使うと変な癖がつきそうと思っていた私の古い固定観念かもしれないが)

関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)