第30期竜王戦 第4局▲渡辺明竜王vs△羽生善治棋聖は羽生圧勝、藤井聡太ゴキゲンに勝利!

王位戦予選 ▲藤井聡太vs△北浜健介

予想通り、後手のゴキゲン中飛車に藤井聡太さんの急戦策。急戦といっても本当のド急戦でみていて本当に楽しいですね。しっかりしてますが、魂は中学生ですよ。この震えない作戦選択と、その後のどこの大山先生ですか?ってぐらいの落ち着きのコンビネーションがオジサン、大好きですw

24歩の突き捨ての早さにはびっくりしましたね。後手はもはや玉を囲うヒマがありません。仕方なく玉を動かした局面では既に一手遅れている印象。

そこからの展開もあまり波乱なく最後は辛い底歩で北浜さんの投了となりました。

第30期竜王戦 第4局▲渡辺明竜王vs△羽生善治棋聖

先手が77銀型から飛車先を早めたことにより相矢倉になりました。66歩型だと後手からの66を争点にした左美濃が脅威、飛車先決めないと雁木がだるい、ということで本譜の手順ですね。先手は脇システムか藤井矢倉か、というところで先手の渡辺竜王は藤井矢倉模様を選択。初日の角をどかす▲65歩が突っ張った手で、お互いに沢山歩をもちながら、角の位置が不安定な展開となりました。

こうなるとどっちの玉が堅いのか、安定しているのか、というのがよくわからず、封じ手はひとまず角を追う▲65歩かな?と思いましたがここではそうせず、▲24歩でした。この手はかなり意外な印象を受けました。後手に手番が回った後の△33銀が良さそうな手で、ここで先手によい継続手段がないと後手が少し指しやすくなってるのかもしれないと思ってみていると先手は▲55歩。一目イマイチ効いておらず、歩得を活かした△76歩からの後手の反撃のほうが効いてる感じがしました。

そこからの手順は色々あったと思いますが、どう指しても後手のほうが指しやすい状態になっていたのか、51手目の64角からは渡辺竜王の指し手がたんぱくに見えましたが気のせいでしょうか??

これで羽生さんからみて3-1.後手番でブレイクしたのは大きいですね。このまま次勝って4-1で終わるのもありえるかな?というくらいの圧勝でしたね。

関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 羽生善治 渡辺明 藤井聡太

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)