藤井聡太、50勝! (▲平藤眞吾七段-△藤井聡太四段)

いやー危ない時間が長かったですが、中盤からのスピード感がすごかったですね。これで通算50勝6敗(0.8929)、今年度の成績で40勝6敗(0.8696)となりました。中原先生のもつ年度の最高勝率を更新することへの期待も高まってきましたね!

序盤は後手藤井聡太の早繰り銀ぽい出だしでしたが、先手に機敏に動かれ、44手目にせっかく切った8筋の歩を低く△84歩と打たされた局面では後手が面白くないと思います。

先手が自然に後手の駒を圧迫していったように見えましたが、細かな手損というか手数を費やした手順に対して、それほどの戦果が上がらず、後手の8筋の歩が伸びてきたあたりでは後手もやれるように見えてきました。

後手が8筋を突き捨てて、△44角と後手が打った局面では後手がもしかして良いのか?とすら思ったのですが、88手目に銀交換した持ち駒を△33銀と投入した時点では後手からの攻めの材料がないのでやはり先手ペースが続いているかもしれません。

ただ、苦しい局面で暴発せずに、勝負どころはまだ先であるとしてここに銀を投入できる胆力がやはり中学生とは思えない老獪さです。その流れで指された104手目の△31歩も絶対に負けたくないという気持ちがこもった手に見えました。

お互いに局面をリードする手が指せないなかで遂に後手にチャンスが回ってきたのが106手目△63金。先手は何をとっても後手の駒が働く展開となりました。

遡って101手目では▲64角ではなく、▲79角と後手の五月蝿そうな53にいる攻めごまの銀を責める手がよかったようです。どの程度の形勢の差だったのか分かりませんが、少なくとも先手がしばらくの間リードしていたのと、そこから後手の藤井聡太さんが追いついて捕まえにいってそのままぶっ千切るまでのスピード感に、やはり恐ろしい才能を感じたのとともに、デビューからみて確実に成長しているし、ここからもまだまだ伸びていくかと思うとまさに「末恐ろしくて既に恐ろしい」天才だなあと。

今期ということでいうと、まだ3ヶ月以上残しており、銀河戦の本戦トーナメントがパラマスで残っており、放映日ベースでカウントされるとすればおそらくあと6・7個積み上がる計算です。最高勝率の更新も楽しみですが勝ち星を積み上げつつの更新というのを是非期待したいものです。

銀河戦・叡王戦、朝日杯、このへんでどの程度荒稼ぎできるか?NHK杯も含めて、今期-来期前半での初めての棋戦優勝のチャンスもまだ残ってますね。

関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 藤井聡太 平藤眞吾

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)