豊島将之八段、第67期王将戦の挑戦者に!(▲深浦九段vs△豊島八段)

いやースリリングな戦いでした。

深浦九段と豊島八段、対戦成績は五分と五分なんですが先手番をもったほうがサービスキープする展開が多かったんです。そして本局は深浦九段が先手、ということで王将戦挑決リーグ、混戦模様になるか?とちょっと期待していたのですが、結果投了図だけみると後手豊島八段の圧勝でした。

ただ、序盤中盤はかなり後手が欲張った手順で、なんらか咎めることが出来たような、もしくはそれができなかったのであれば、先手番での雁木調の序盤を後手の豊島八段が狙い撃ちした、ということになるのでしょうか。

20手目の△75歩で早くも戦いが始まります。後手は22が壁銀ですが、玉が一路逃げており、角道が通っています。かなり反撃のリスクのある先制ですが、先手玉が居玉で右が壁、角道が塞がっているということで既に成立している可能性すらあります。藤井システムの対居飛車穴熊の構想ではないですが、この局面を咎めるためには?という逆引きの考えで生み出した攻めのように思いました。

2筋を突き捨てて▲79角と引いてから激しくなりましたが、先日のA級での同一カードでもそうだったようにこの過激な応酬の結果、後手がよい局面しかなかったように思います。駒を取り合いますが自陣で先に取られる展開となったからです。▲16角など、先手は後手玉に襲いかかりましたが、ちょっと足りなかったように見えます。

条件よく44の角を取りに行く手順、39手目か2筋を突き捨ててからの45銀の手順しかなかったのかもしれません。(ただそこで△35角と逃げられた後、どうするべきか?がよくわかりませんが…)。

豊島さんはこれでまず王将戦の挑戦を決めました。まだ名人戦と叡王戦でも奪取の目があります。今期~来期にかけてでいきなり三冠王になっていても誰も驚かないでしょうが、果たしてどうなるか?

関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 豊島将之 深浦康市

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)