山崎隆之「諦めなくてよかった」JT杯、優勝

昨日の朝、出先だったんですが、山崎隆之さんの対局が二局ある日だなと思って慌ててブログを更新しました。

なんとなく、女の勘っていうかそういうのが働いたんですよね、山崎隆之さんが勝つんじゃないかって。(男ですが働きましたね、女の勘が。

でふざけた記事を更新したんですが、山崎隆之ファンの皆様、ちゃんと町中を練り歩いたのかな?って。それだけが気になってます。でも練り歩いても全然おかしくない神吉の、じゃなくて歓喜の一日だったのではないでしょうか。

まずNHK杯。こちらは羽生さんのうっかり?もあって圧勝だったようですね。まだ棋譜はみてません…。

そしてなんといってもJT杯。相手は現時点で最強との呼び声高い、豊島将之さんです。去年のJT杯覇者ですかね。

いつもの謎将棋でした。序盤の馬を作った局面ではどうなのでしょうか。正直馬よりも歩損が痛いようにもみえましたが、プロ解説によると、馬の威力も大きいとのことでした。

流れ的には山崎隆之さんが良くなって、豊島将之さんが逆転して、再逆転して山崎隆之勝利、というかんじでしたが、やはり薄い玉は実戦的には大変、というのがわかる将棋でもありました。

現代将棋は堅さが正義!というのとともに台頭したのが渡辺明だとすれば、ソフト以降のプロ将棋、特にここ最近みられるのは堅さよりも如何に条件よく先攻できるか、相対的な堅さとは何か、という将棋感覚です。

ソフトでの研究に対して否定的な棋士、肯定的な棋士、その中間といるとすれば、山崎隆之さんはある時点における発言では少なくとも否定的な棋士でした。

否定的な棋士が自身で研究し自身のスタイルを貫き通していたなかで、ソフト研究全盛の今、なぜか時代が、将棋感性が、山崎隆之の将棋に追いついてきたのです。このあたりは、最後に貼っておきますがソフトに関する書籍「不屈の棋士」のなかで山崎隆之さんが語っていたことなのですが、ようやくここ最近になってようやく、私にも理解できるようになりました。

ソフト研究による将棋が出てきたら、なぜかそれがソフトともっともかけ離れているはずの、人間味あふれる山崎隆之の将棋の世界に近かった、という不思議さ。

山崎隆之さんの勝利後の「諦めなくてよかった」の一言はこの勝利に関してだけの言葉ではないな、と思ったのは私だけではないはずです。ファンの人たちはこの言葉に込められた思いに涙したのではないでしょうか。

以下、不屈の棋士から山崎隆之さんの言葉を引用して〆たいと思います。


自分の序盤戦はソフトと感覚が似ていると思います。人間よりソフトの方が自分の将棋に似ているなとわかって、びっくりしたことがあります。だから最近、僕みたいないい加減に見える力戦、序盤の不安定なところから動いていく将棋が全体的に増えましたけど、きっとソフトの影響なんだろうなって。正直、ソフトに「大丈夫」ってお墨付きを貰う前にやってくれよ、って感じですけどね(笑)



正直、ソフトに「大丈夫」ってお墨付きを貰う前にやってくれよ、って感じですけどね(笑)
ですよ!本当に諦めなくてよかった!おめでとうございます!山崎隆之八段!

関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 山崎隆之 豊島将之 羽生善治

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)