王将リーグの前哨戦と糸谷連勝続くか? 今日の見所@11月16日(木)

今日の見所は順位戦です。

まずはA級でこの二人の対戦。

順位戦A級 深浦康市 豊島将之

深浦さんが2-2、豊島さんが4-0です。豊島さんが独走しているように見えますが、順位の関係と後半の対戦メンツの強さから言ってここでもし万が一負けると挑戦者争いは混沌としてきます。先後が決まってるので両者相当作戦を練ってくると思いますが、普通に進めば深浦さんが雁木調に進めるではないでしょうか。最近の深浦さんは先後問わずに雁木をやっていてしかも結果を残しています。

そして二人の対戦成績なのですが7-7の五分。深浦さん先手番だと6-2(後手だと1-5)ということで、両者先手番のサービスキープしている感じですね。王将リーグでも当たるのでその前哨戦とも言えます。相当な鬼勝負ではないでしょうか?


そしてB1一斉対局。(抜け番が郷田さん)。

順位戦B級1組 阿久津主税 谷川浩司
順位戦B級1組 木村一基 松尾歩
順位戦B級1組 糸谷哲郎 丸山忠久
順位戦B級1組 山崎隆之 菅井竜也
順位戦B級1組 橋本崇載 斎藤慎太郎


勝ち星的には糸谷さんが全勝しています。そして1敗で追う二名、阿久津・谷川の取組があります。糸谷さんが連勝キープすると割りと抜け出した感じになる気がします。

ただ総当り戦のB1の場合は過去みても実力伯仲というか全勝で上がる例は少ないです。いつもは13名いるところで11名なので、多少は確率があがる気はしますが昇級LINEは2敗までありえると考えています。となると2敗未満キープしている棋士が5名いて、糸谷-山崎という森門下1・2フィニッシュも十分にあり得ると思います。

糸谷vs丸山の戦型はまだ丸山さんは一手損やるんでしょうかね?というかんじ。谷川vs阿久津の対戦成績は谷川先生が勝ち越してますね。菅井王位がタイトル獲得後、若干苦戦している印象ですが山崎さんには勝ち越してるみたいですね。

ひとまずはそのあたりの対局に注目したいと思います。

糸谷哲郎(amazon検索結果)
糸谷哲郎(楽天検索結果)
関連記事

Tag : 糸谷哲郎 山崎隆之 阿久津主税 谷川浩司 丸山忠久

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)