今日の対局の見どころ(藤森哲也vs加藤桃子、渡辺明vs斎藤慎太郎)

11月14日(火)の対局から2つピックアップ。

朝日杯将棋オープン戦一次予選 藤森哲也vs加藤桃子

カトモモ先生はキレイな将棋を指す印象があります。この前の里見さんとの王座戦、穴熊にしてからの指し回しは見事でしたね。最近の対女流でみても里見さん・香川さん・甲斐さんにそれぞれ2連勝しています。というか、ほぼ対女流では負け無しなかんじです。そもそも里見・香川・甲斐が対女流でそういうかんじなのにその3人に連勝しているあたりに好調さを感じます。

対男性棋士でいうと直近は2連敗ですが、この朝日杯では藤倉・中川を破っての対藤森戦です。藤森さんは抜群の勝負根性で相手なりに好勝負に持ち込むタイプ。たとえば佐々木勇気さんと3-3の指し分けです。反面格下への取りこぼしもあるんじゃないか?と失礼ながらにカトモモ先生応援したいところ。

戦型ですが、藤森さんといえば急戦矢倉という印象がありますが最近どうなんでしょうか?加藤桃子さんも居飛車正統派、というイメージです。どちらか先手になったほうが矢倉系を志向するのか、或いは最近流行りの雁木系が登場するのか。

勝ったほうが一次予選抜けをかけて泉八段と対戦予定です。激アツですね。


王将戦 挑決リーグ 渡辺明vs斎藤慎太郎

両者2-2で迎えたこの対局。王将リーグは3/7名陥落するので勝つのと負けるのでは大違い。斎藤は最後に後手番で郷田戦、渡辺竜王は先手番で佐藤天名人との対局を残しています。

この二人は初手合でしょうか?好調の斎藤慎太郎とやや不調だった所から脱しつつある渡辺竜王。斎藤慎太郎さんは矢倉党なので先手矢倉を志向した駒組みになるかもしれません。対する渡辺竜王は最近「攻めるか、玉を固めるか、という選択肢がある局面で自分の好みは圧倒的に後者なんですが、先日の順位戦も長考した局面でその辺りを葛藤した上で時代に取り残されないためにチャレンジした意味はありました。隙あれば穴熊、はもう古いんだな。」と言っていたので、後手番で右四間飛車などの急戦調を採用する可能性は高いかな?と思っています。

タイトルホルダー乱立の戦国時代に突入していますが斎藤慎太郎さんがこの乱世に名を挙げられるかどうか?を占う意味で重要な対戦になります。

すごく失礼な書き方をすると、安定的に勝ちつつも超一流には刺さってない…というのがここまでの印象です。(糸谷さんの逆、みたいなかんじ)。

矢倉党が先手番で矢倉を志向すると、新型の急戦への対応策と従来定跡で出てきた有力な後手の対応策の両方が必要になるので苦労が多い印象がありますがどうなるか?

渡辺明(amazon検索結果)
関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 渡辺明 斎藤慎太郎 加藤桃子 藤森哲也

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)