昨日のC2の感想。一敗勢が5名に減少。

C級2組は6回戦までの結果が出揃った。一敗勢に動きがあった。一敗をキープしたのが高野、伊藤真、佐々木大の三人、二敗目を喫したのが大橋と三枚堂、そして一敗対決だった渡辺大と順位が良い三人。一敗キープであれば昇級可能性が高かったので、痛い敗戦。


高野 智史四段(5勝1敗)○-●中田 功七段(2勝4敗)
伊藤 真吾五段(5勝1敗)○-●島本 亮五段(1勝5敗)
石田 直裕五段(4勝2敗)○-●大橋 貴洸四段(4勝2敗)
及川 拓馬六段(2勝4敗)○-●三枚堂 達也五段(4勝2敗)
渡辺 大夢五段(4勝2敗)●-○佐々木 大地四段(5勝1敗)


以下上位陣の並び。
【6勝0敗】増田(5)、藤井聡(45)、今泉(47)
【5勝1敗】高野智(13)、伊藤(14)、牧野(17)、大平(39)、佐々大(48)
【4勝2敗】都成(3)、三枚堂(6)、石井(7)、高見(9)

順位一桁の二敗勢までにギリギリチャンスがあるか。増田は一敗でも上がれそう。藤井聡太と今泉は順位は悪いのだが今日の結果一敗勢で2人よりも順位が上のメンツが4人に減ったので、一敗で上がれる可能性も出てきたかもしれない。

藤井聡太は高野智史との直接対決、今泉も牧野との直接対決を控えており、ここを叩くと2人が協力し合う形で楽になる。

一敗勢の大平は安定タイプではないのと後半に強いメンツが控えてるので一敗キープでゴールするイメージが湧きにくい。伊藤真は8、9回戦連勝ならば一敗キープもありえる。

藤井聡太の最終戦が鬼勝負であることは未だ変わりない。
関連記事

Tag : 藤井聡太

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)