2017年10月末時点の「全プロ棋士成績」を見ての感想。

今期、なんだか8割以上勝ってる人が一杯いるなあ…と思ったので調べてみました。

全棋士の成績(10月30日時点)。
https://www.shogi.or.jp/game/record/archives/2017_result.html

フムフム…。


まず定義付けからしますかね。勝ってる人、負けてる人、何をもってそのように言うのか?

私の個人的な感覚でいうと、4戦3勝、勝率で0.750以上だとすごく勝ってるなーという気がします。
次が3戦2勝(0.666)でしょうか。……という主観的な区分が以下になります。

勝率区分
0.75
0.7
0.6665
0.6
0.5
0.4
0.25

早速勝率7割とか中途半端な数字もでてきてますが、何となくです。

では勝率が7割5分を超えている人を発表します。

棋士名 対局数 勝数 負数 勝率
藤井聡太 44 38 6 0.8636
豊島将之 28 24 4 0.8571
大橋貴洸 32 27 5 0.8437
渡辺大夢 22 18 4 0.8181
永瀬拓矢 25 19 6 0.76

この5人になりました。
7割5分超えが5人もいるのって珍しい気がしますがいつも調べてないので毎年恒例、日常茶飯事だったらすいません。
大体居飛車党ですね。永瀬さんは最近振り飛車をまたたまに指していますが、この前それで負けてましたね…。

次が7割5分には及ばないものの7割超えてる人たち。

棋士名 対局数 勝数 負数 勝率
中村太地 24 18 6 0.75
宮田敦史 20 15 5 0.75
近藤誠也 28 21 7 0.75
澤田真吾 23 17 6 0.7391
藤原直哉 21 15 6 0.7142
高見泰地 28 20 8 0.7142
菅井竜也 34 24 10 0.7058
三浦弘行 17 12 5 0.7058
増田康宏 30 21 9 0.7

はい、なぜ7割で区切ったか分かってもらえると思うんですが7割超えも結構いるんですよこれ。9人!

ここもパッと見た感じでは居飛車党多めですね。中村太地&菅井竜也のタイトル奪取コンビが含まれています。
また、見た感じの印象としては”終盤お強い”というかんじ。終盤力に優れたタイプが多い?


次は7割未満だけど2-1ペースは維持している人たち。

棋士名 対局数 勝数 負数 勝率
千田翔太 23 16 7 0.6956
斎藤慎太郎 35 24 11 0.6857
佐々木大地 35 24 11 0.6857
小林裕士 19 13 6 0.6842
阿部光瑠 28 19 9 0.6785
阿久津主税 27 18 9 0.6666
村山慈明 21 14 7 0.6666
佐藤和俊 18 12 6 0.6666
佐々木勇気 27 18 9 0.6666
西田拓也 27 18 9 0.6666

10人。まあ何というか、違和感のないメンツが揃ってますね。タイプ的にもバラバラな印象があります。
個人的には2-1勝ってればひとまずいいんじゃね?とか思ってしまいそうです。天才群のなかでの2-1なので。

ただ突き抜けるにはやはり7割必要なんでしょうね、という顔ぶれでもあります(非常に失礼な上から目線)。

さてここから下の区間(0.6665、0.6、0.5、0.4、0.25)については発表は差し控えますね…。

以上、合計24人。


今期対局があった棋士が160人居て、24人(15%)が勝ちまくっています。
ちなみに4割以上-6割未満あたりに多くの棋士(66人、41.2%)が居ました。

オチはないですが以上です。

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)