将棋界は新タイトルを自ら積極的に獲得しに行くべき。

将棋や将棋棋士がコンテンツとしてイケていることが認知されつつあります。今こそ棋士全体で一丸となって新タイトルや新棋戦をどんどん創出していきましょう。

藤井聡太さんがどんどん獲得していってしまうはずですので、タイトルは8個じゃ足りません。全員に行き渡るように45個ぐらい必要です。そのうちの幾つかには、出場制限を設けましょう。五冠以上の方、お断り。とか。永世なんちゃらNGとか。そうすれば羽生さんと藤井聡太さん抜きで平和に争えますよ?

野球チームの運営会社が徐々にネット寄りにシフトしているようです。

将棋界も既存のスポンサーは大事にしつつ、新規の新興企業群による棋戦をもう少し増やすのが良いと思います。叡王戦だけでは足りません!

スポンサー候補はお金のありそうな所、ネット業界での老舗、お金を一杯使ってるところ、社長がイケイケな所、などが考えられます。どこがどれというのを明言しつつ書くと差し控えありそうなのでそこの紐付きは置いといて、以下候補企業群を記します。


ヤフー(ソフトバンク)
まずはやはりここ、でしょう。お金持ってて使ってて社長がイケイケで業界老舗。バンバンで満貫です。人工知能系のファンド?を設立?しているので、もう人工知能です界隈です、とか言い切って羽生さんを入り口にして孫正義さんに直談判しましょう。明治天皇に直談判した田中正造のように…。討ち死にする可能性もあるのでもう捨てるものがない棋士にこの役割はお願いしたいところですね…名前をあげると怒られそうなので止めておきますが何人か目に浮かびます。。

楽天
ヤフーといえば次はここでしょうか。対局の中継中にポイント二倍キャンペーンとか突然バナーが立ち上がるとか如何でしょうか。タイトル戦中のお買い物を決着局まで毎局行うことでポイントが二倍三倍四倍…となっていくとか駄目ですか?タイトル戦名はもう決まっていて楽天戦。タイトル取ると楽天王ですね。賞金は楽天ポイントで支給されます。このぐらいまでやれば、多分ここはアッサリ契約ゲット出来るのではないでしょうか。賞金総額一億楽天ポイント。どうせ楽天に還流するお金なので楽天は痛まないし、宣伝にもなります。交渉の糸口は、楽天の社屋が確かニコタマにあるので、世田谷花みず木女流オープン戦関係で地場の有力者を通じて…か、真正面から広報室?のようなところに直談判でいかがでしょうか。これはかなりの確度で行ける気がしてきました…ただし繰り返しますが、賞金は全部楽天ポイントですけど。あ、あと決勝戦は高島屋の最上階の催事場でやるとか。

ZOZO(スタートトゥデイ)
なんとなくECつながりで。ここも賞金がポイントだったらやってくれるんじゃないですかね。(だいぶ投げやり)


LINE
韓国資本なので難しいですかね?(将棋よりも囲碁のほうが可能性あるかも?)


サイバーエージェント
アベマTVがあるのでここも結構ありそうな気がします。棋士のブログは全部アメーバに移しますとか色々セットでどうでしょうか?


グリー・Dena
将棋、棋士関係のゲームとかと絡めつつ。なんとなく将棋ウォーズが死んでしまう展開が見えてきますがそれはそれで仕方ないと割り切ってしまいましょう…。


適当に書きましたが、当たる先としては上記が候補群になると思います。あとは寝技込みで頑張ってください。
関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)