藤井聡太ブームで終わらせない為の日本将棋連盟のやるべきこと?

仰々しいタイトルを付けましたがノープランです…。

以下、勝手に私がやってほしいなと思っていること。

1.藤井聡太グッズの受注販売&毎月発売
転売対策にはこれが一番です。扇子は毎月、グッズは適当に。デアゴスティーニ方式で週刊藤井聡太、全巻そろうと藤井聡太等身大フィギュアが完成!とかでもいいですね(良くない

「将棋連盟公認、藤井聡太版入門将棋セット」みたいなものを作って売るのもアリと思います。盤駒(進み方が分かる駒)、簡単な本、藤井聡太写真とか揮毫とか入ってるやつ。全国の小学校に寄贈するためのクラウドファンディングとかやってみるとか。

…と思ったらジグソーパズル発売ですか。斜め上というか昭和っぽいですがいいですねw


2.藤井聡太
本人が一切でてこないのに、藤井聡太杯とか銘打ってやる。勿論参加費を取る。場所はどこかのIT企業の広いところで。ビデオコメントぐらいは藤井聡太さんにお願いする。優勝者は藤井聡太さんと記念対局できる。一緒に写真撮影も。


3.藤井聡太パブリックビューイング
これも参加費取る。毎対局どこかの会場借りてやる。お酒も飲みながらやりたいですね。
…と思ったら、毎回大盤解説会をやってますね、大手町で。素晴らしいと思います。ただ飲めないので私は行きませんが。


4.中部将棋会館の建立(こんりゅう)
東西の将棋会館の老朽化や建て替えについてはずっと議論が続いていましたが、やはり規制の問題などもあり、建て替えると今より容積小さくなるっぽいんですよね。となると、やはりどこかに建て増しするしか無いのですが、藤井聡太ブームにのってここは名古屋一択かなと。中部将棋会館しかないだろうと。そう思いました。中部将棋会館の一番のメリットは、やはり東西どちらからも1.5時間ぐらいで到着すること。


5.藤井聡太の銅像建立(こんりゅう)
まだ生きてますけど。銅像ってこんりゅうっていうのか知りませんけど。もうあの慰安婦の像みたいにドンドン立てていきましょう。百勝ごとにクラウドファンディングやって立てよう。


6.名古屋に将棋のテーマパークを設立。
最初からずっと真面目に書いてますよ?名古屋は政令指定都市ランキングで常に最下位を走る、六大学野球でいうところの東大みたいな存在(どちらにも失礼すぎる…。
なのでここは藤井聡太にあやかって将棋テーマパークを作るんです。将棋の場合、選手寿命が長いので今作れば五十年ぐらいはうまく勝ちまくってくれるので大丈夫。なんなら私、収支計算書つくりますけど?

テーマパーク内に中部将棋会館を併設すれば、動物園よろしくいつでもプロ棋士が指す姿を眺めることができますね。楽しげですね。それでは集中できない!ということであればマジックミラーにして完全防音にしましょう。上野動物園のアイアイの森がそんな感じになってますね。


と全部冗談ですが本気です。藤井聡太さんのお陰で愛知由来のタイトル戦と中部将棋会館、出来ないかなあ?
関連記事


関連するタグ 藤井聡太

テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
5位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク