藤井聡太、あと6勝で竜王挑戦。

佐々木、阿久津、久保、松尾と勝って、別山の勝抜き者と三番勝負で2勝すると竜王の挑戦者になります。

佐々木・松尾はほぼ居飛車のみ、戦型的にも藤井聡太は実力発揮できるでしょう。阿久津は若干振り飛車も指すタイプなので戦型に注目。ただ当然勝ち負けと思います。

一番注目なのは久保戦。対振り飛車に弱点あり…という訳ではない、というのは多くの対戦経験者を含むプロ棋士のコメントとしてありますが、実際にプロ入り後に(非公式戦で)負けている将棋3つのうち2つが振り飛車になります。

久保さんがもし今でも菅井竜也さんと研究会をやっているのであれば、菅井さんとの作戦検討も当然行ってくるでしょう。対抗型というのは、一概にレーティングでは測れないところがあり、相性問題が特にレーティング差異が小さい場合には大きいと個人的には感じています。久保さんは恐らく穴熊にしにくい戦いを選択するはずで、そのときに実戦的には振り飛車が勝ちやすい…という局面がでやすい気がします。

別山から出てくるのは恐らく羽生善治三冠で、この対局は世の将棋ファン誰もが望んているものと思います。連勝が止まる(負ける)とすればこの三番勝負での1(or2)敗になるのかなと考えています。

もし竜王戦の挑戦者になった場合は、獲得確率は5割以上あるんじゃないでしょうか。渡辺竜王は当然強いですが、レーティングだけでいうと恐らく2014年ぐらいにピークアウトしており、ここから先はどこまで維持できるか?という状態にあります。また世論的に藤井聡太乗りが俄然多くなるでしょう。渡辺明竜王はヒールというか世論のバックアップを必要としないどころか、無い方が逆に力を発揮するタイプですし、試合巧者かつトップレベルの棋力は勿論維持されているので結果はわかりませんが、挑戦すれば50%以上の確率で奪取すると思います。

別山から羽生善治三冠がでてこない場合は挑戦の可能性が相当あがりますが、二人の大きな舞台での対決を見たい気もするので悩ましいですね。
関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 藤井聡太

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)