THE アノマリー 異次元流 藤井聡太

藤井聡太さんは一体どれ位強いのか?そしてどれ位まで強くなるのか?連日一般報道でも話題にならない日がないぐらいの藤井聡太フィーバーが続き、日々どんどん大きくなっていますが。

私は対戦相手のレーティングと、今の成績と見ていて、これは1900超えてるんじゃない?(現在のトップ棋士群より上じゃない?)と何度か書いているんですが。

これはもう、ベル・カーブ(正規分布)の世界の住人ではないのではないか?という気がしてきました。異次元からやってきたアノマリーなのではないか。そう思い始めています。

数学的に考えてどのぐらい強いのか、計算してくれた方がいました。





棚瀬さんですね。将棋ウォーズのHEROESに過去在籍していたような気がしますが…その後、別の将棋や囲碁のアプリも運営されていますね。(ちなみに彼の将棋アプリには妨害的な……おや誰か田町から来たようだ)。。

計算の詳細は書かれていませんが、50点刻みで10個のレーティングをもつ棋士がいたとして、藤井聡太さんお過去の対戦者のRを並べて、レーティング差での勝率を19回かけ合わせた…んだと思います。

同様の結果が出る確率…が上記のツイートの内容になります。ようは、1950点の棋士であっても、藤井聡太さんが勝った同じメンツに19連勝する確率は18.5%しかないということ。

仮に2100点ぐらいあると、19連勝する確率は47.7%で、ようやく半々というかんじ。

流石に非公式戦の結果を考えるとそこまでは行かない気はしますが、ただ考えている以上に相当強いんじゃないか?というのは、思います。

トップ群のレートが1800点だとすると、そこに7割勝つ印象がありますので、レート差で150点、レーティングでいうと1950点というイメージ。(ちなみに8割かつと2050点くらいですね)

とある記事が、ライバルが居ないのが勿体無い、みたいなことを書いていましたが全然違うと思います。トップ群に7割勝つ時点でトレーニングパートナーとしての人間は、悪影響を与えるか時間の無駄でしか無いので、コンピュータソフトをトレーニングパートナーとして活用しうる、唯一の人間ということでそこを積極活用してほしいです。

NECでも富士通でもソニーでもどこでもいいですが、どっかしらの企業は早めにスポンサーついておいたほうがいいと思います。PC提供と年間数百万程度でものすごい広告宣伝効果だと思いますけどね。(瀬川さんは今でもNECスポンサードのはずです)。


最後にアンケートを貼っておきます。あと1時間弱あるのでよろしければ是非回答お願いします。


関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 藤井聡太

コメント

No title

書きぶりがどうしても気になってしまったので、すみません。
単純に5%というのは、おおざっぱに言えば、棋士が200人以上いれば毎年10人はいることになり、珍しくも何ともありません。18%の確率で起こる現象はそれこそ日常茶飯事で、誰も気にも止めません。藤井四段のすごいところは、ぎりぎり勝ちを拾った対局がなさそうなことで、これを考慮すると生起確率は、かなり低くなるはずです。その上、藤井システムのような飛び道具を使うわけでもないし、若い時の羽生さんのように無理やりねじり合いに持ち込むこともありません。対近藤戦では、2五歩の時点で「お前はもう死んでいる」状態。近藤五段ってこんなに弱いのか、と誤認してしまいそうな内容でした。忘れてならないのは、彼は普段は中学校に通っていること。対局者は事前研究禁止にしないと公平でない気がします。それとテレビ取材もせめて中学卒業までは自粛すべきでは。あと対局は名古屋限定にしましょう。。。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)