藤井聡太四段、竜王戦ドリームなるか?(6組決勝、vs近藤誠也五段)

本日5月25日は藤井聡太四段vs近藤誠也五段の対局があります。竜王戦6組の決勝戦。勝てばトーナメント進出となります。

18期に決勝トーナメント出場者の比率変更(1組からの選出が増えた)に伴い、以前あった竜王戦ドリームというノリは若干薄れた感じはありますが、それでも糸谷哲郎さんが竜王になった事実も踏まえると、まだドリームは存在すると言えましょう。

ちなみに18期以前でいうと、3組以下のタイトル挑戦者が(初代の島さんを含めると)18回中6回あり、(同じく初代の島さんを含めると)島、羽生、藤井、渡辺と四人が獲得しています。

19期から29期の11回ではなんと糸谷哲郎さんの1回のみ!ずばりツモが悪くなっていますね…。

29期まででもっとも低い位置から挑戦したのが、真田、藤井、渡辺の四組優勝です。なので、藤井聡太さんと言えども今日の対局でたとえ勝ったとしても、本戦トーナメントで勝ち抜くのは至難の業と思われます。

6組優勝者のトーナメントは鬼!でして、順に、5組優勝(増田康宏四段)、4組優勝(勇気or千葉)、1組5位(阿久津or豊島)、1組4位(久保)、1組優勝(松尾)と当たります。これを全部破ってようやく、挑戦者決定三番勝負に臨むことが出来ます。別山にはちなみに羽生善治さんがいますね…。

まだ今日の対局結果は出ていませんが、5組優勝の増田さんは炎の七番勝負のリベンジで燃えているでしょうし、元祖天才の佐々木勇気さんとの対戦も楽しみです。豊島将之さんは作戦巧者でもあるので、この前の非公式戦でみせたような非情な指し回しで苦しめることでしょう。そして一番の楽しみは久保さん。対振り飛車という意味では最高峰なのでぜひ実現して欲しいですね。

6組優勝者の挑戦という意味でいうと、昔行方さんが挑戦者決定三番勝負まで行って「タイトルを取っていい女を抱きたい」と記者に言わされてしまうという、事件?がありました。(後に、これは逆でいい女を娶ると、成績が安定するという話であることが判明しました)。

藤井聡太さんはどこまで突き抜けることが出来るかどうか。勿論今日の対戦相手の近藤さんは長い持ち時間ということもあり、相当の強敵(NHK杯のようなウッカリは望めない)なので、どうなるかわかりませんが。

ちなみに竜王になると七段が贈られます。これは飛び級OKな段位なので、下手すると15歳で七段という恐ろしい事態が発生することになりますね(藤井聡太さんの誕生日は7月なので15歳ですね)。

そういえば一昨日は増田さんの5組決勝戦があったのですが、同じようにコンピュータを研究に活用しているのに、指し回しは全然違いますね。やはり。

なんというか、荒っぽいというと言い過ぎですが、増田さんの場合、殴り合いの展開で力強く突き抜ける展開が多いように思います。

藤井聡太さんの将棋はもっとソフトっぽいというか、中盤まではかなりジリジリと鍔迫り合いをして、隙が見えたり終盤の寄せが見えたらいきなり速くなる、という感じ。何とか流というキャッチフレーズとか二つ名というものがありますが、なんという名称がつくのか今から楽しみですね。
関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)