王位戦 挑決リーグ最終局の感想。

2017年5月22日に行われた、王位戦 挑決リーグの最終局はどれも熱戦でした。

個人的には、澤田真吾vs佐々木勇気になるのかな?と思っていましたが、菅井竜也さんが見事4-1の成績をおさめました。佐々木勇気には負けたものの、居飛車一線級を相手に4つ勝つというのは本当に凄いことです。特に最終局の対渡辺明戦はこの戦型、この囲い(への迫り方)を知り尽くしているなあ…と思いました。

佐々木勇気は、最終局、丸山忠久さんの一手損に敗れました。パッと見た感じではかなり優勢なのかな?と思いましたが、そうでもなかったのか、決めきれなかったのか。千日手局では丸山忠久さんの伝家の宝刀に最近流行りの構想で挑みましたが敗退。その結果、菅井竜也さんの白組勝ち抜きとなりました。

対する紅組の勝ち抜き者である澤田真吾さんですが、なんと全勝。最終局が大一番で、もし負けるとプレーオフでしたがきっちり勝ちきりました。というか、この最新型の角換わり、あの最近の名人戦から形は少しづつ違うものの、穴熊にした先手に対して後手の右玉が勝っているんですよね。木村一基さんのイビアナはかなり攻めてる感じがしたのですが、ねじり合いを澤田真吾さんが制しました。

佐藤天彦名人対Ponanza戦が土曜日にありましたが、Ponanzaの圧勝でした。アマ同士であってもある程度棋力が離れると穴熊への怖さがないと思うのですが(私は特にウォーズの切れ負けで、相手が格下のときに穴熊にされるのは逆に嬉しいです)、ジリ貧に陥ったときの穴熊特有の選択肢の少なさ、を感じました。

超トッププロが対峙して、あのような中押し負けを食らうということは、普通に考えて大駒落ちぐらいのハンデがある気がします。(対コンピュータでは)棒銀や早繰り銀のようなシンプルな作戦はあまり上手くいかない一方で、(コンピュータが発案した)桂馬の単騎跳ねが上手く行くなど、コンピュータ登場から色々と常識が変わりつつありますね。

アマチュアでも本当に角換わりが増えた印象です。勿論形はあの金が一路、従来型よりも玉から離れた形です。数年前から見かけましたが、今年に入ってからは相当増えました。私は相変わらず右玉ばかりやっています。
関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)