駒落ちハンデの適切な選択方法

ソフトの評価値と勝率の関係について少し調べていた。先月?それについての意見もブログに書いた。

そのときに伺った話として、以下のようなものがあった。





将棋ソフトの形勢判断の評価値を3.45で割ると、レーティング差における勝率の差とほぼ同じになる。ということです。

評価値で…

先手の+345点の場合、レーティングにおける100点の差となり、勝率でいうと63%ぐらい、というイメージ。
先手の+790点の場合、レーティングにおける200点の差となり、勝率でいうと75%ぐらい、というイメージ。
先手の+1,135点の場合、レーティングにおける300点の差となり、勝率でいうと85%ぐらい、というイメージ。

です。

これを(プロ棋士との)駒落ち将棋のハンデ検討に使うことができる気がします。

自分の将棋をソフトに解析させます。サンプル数としては10個ぐらいあれば良い気がします。
選択する際に「同程度のレベルの相手との、自分の負け将棋」を選ぶ。

解析結果をみて、逆転負け将棋に注目します。逆転負けというのは、自分の形勢がよい状態から逆転されて負けた、ということです。
その逆転負け将棋において、最も自分の評価値が良かった点数を記録していきます。
最大値、最小値、平均値ぐらいを出しておきます。

最大値が意味するのは大逆転負けです。
最小値が示すのは競り合いからの負け、です。
平均値は大体ご自身の実力、というイメージでしょうか。


次に駒落ちハンデとレーティング差を考えます。以下は、私の意見で割りと適当ですが大体このぐらいだと思います。

二枚落ち:R800点差
飛香落ち:R600点差
飛車落ち:R400点差
角落ち :R300点差


この点差を「自身の逆転負けの最大値or平均値を3.45で割った数値」に当てはめるのが良いと思います。

二枚落ち:R800点差=評価値2,760点
飛香落ち:R600点差=評価値2070点
飛車落ち:R400点差=評価値1380点
角落ち :R300点差=評価値1035点

となります。

個人的には「自身の逆転負け将棋を10局解析し、その中で最大の逆転負けだった点数」をこの選択方法に当てはめてハンデを決めるのが良いと思います。

では、この評価値というのが実際にはどのぐらいの形勢差なのか?を以下に記します。(これも個人的見解です)。

二枚落ち:R800点差=評価値2,760点=三級であればほぼ負けない評価値の差。負ける場合は詰将棋に難がアリ?
飛香落ち:R600点差=評価値2070点=初段であればほぼ負けない。
飛車落ち:R400点差=評価値1380点=三段以上であれば(時間にもよるが)あまり負けない。
角落ち :R300点差=評価値1035点=五段以上であれば(時間にもよるが)あまり負けない。

という感じ。この手合いでやれば、勝ち負けになるということです。

解析してみて、2千点以上のプラスを逆転負けしているようであれば、飛車落ち未満にしておくのが失礼のない&自身に学びのある手合いだと思います。1000点以上のプラスになると大体負けない場合は、大駒落ちで指導を受けることになりますが、人によっては飛車落ちよりも、角落ちのほうがやりやすいという場合もあるようです。
関連記事

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)