クラウドファンディングを用いた新棋戦のアイディア

一部プロ棋士のTwitterでは短めの、しかし賛同っぽい感想があったハッシーの棋士の一分ですが。

予想されたとおりほぼ沈黙、というのが大方の感じでしょうか。連盟の理事は怒ってそうですねw

特にあからさまに前会長&現会長批判になっているので、谷川先生vsハッシーの対局はかなりアツい気がします…(とても他人事。今年は既に順位戦での対局が終わってますがなんとなく感想戦がなかったような気もしますね、この対局。当日の棋譜や中継コメントからみるかぎり…適当な憶測です、すいません)。


ちょっと踏み込みすぎの記述あり、アツい男の真剣な提言あり、ちょっと浮世離れしてる話あり、やると見るとは大違いだよ?という私の個人的感想もあり・・・つつ、私もこのままだと大変だろうなあという意見を過去に書いていて、それを後藤元気さんの本に差し込んでもらった過去がありますので、言い回しはさておき、全体的にはまあそうだよね、という気持ちにはなりました。

その中で最もやってみて損はないかも?と思ったのは、クラウドファンディングでの新棋戦というか大会です。

この辺はプロアマが上手く連携できれば、アマ側に運営のノウハウもあるし、かなり実現可能性があるのではないかなと思うのですが。


大体棋戦をやるのにどのぐらいお金が掛かるのか?ですが、希望する棋士が出場できる新棋戦、叡王戦ですがドワンゴさんが初年度1.6億、翌年度2億ぐらい払ってる模様です。しかしこれはクラウドファンディングでは集まらない金額なので一般的な棋戦としてやるのは無理そうです。

もっと敷居を下げて、小学生名人戦があります。参加費取り、賞金無しで、ボランティア運営で、やすい会場使って、主催企業が二千万、協賛が静岡新聞、静岡放送ですね。


私のアイディアとしては。

1.プロ・アマオープントーナメントにする。

プロアマ戦にする。エントリー制にして、アマは一口5000円で一人5口まで・・・とか。1万円で3口とか。プロとさせるので指導的な意味合いもありつつ、一攫千金のチャンスもあるので割りとエントリーあるような気がします。マラソンみたいなものですね。勝てなくても楽しいから出場する、というような。

5段以上の免状をもつ、あるいはそれ同等の実力の場合はエントリー数の上限を3-5口にして、それ以下の場合は10口ぐらいまでOKしても良さそうです。金持ちの道楽的に運営費に回せると思います。


2.予選は全てネットで行う。24か将棋ウォーズを用いる。対局料無し。

予選はエントリーフィーは無い代わりに対局料も無しです。物理的な移動費用はかからないので、コスト負担ゼロで出場できるのがアマと比較してプロにとってのメリット。出場は義務ではなくエントリー制にして、情弱やロートルは足切りします。

この辺も、ハッシーが言っていた1票の重み問題の一つの(場当たり的ではあるものの)解決策になるでしょう。ネット上・システム上で適当なサイズのトーナメントを幾つか繰り返すのであれば、それほど時間はかからないと思います。プロ・アマで多少の持ち時間等でのハンデをつけてもよいかもしれません。

予選は早指しで、参加人数が何人でも1日で終わるように仕組みます。解説なしで、形勢判断と読み筋はコンピュータソフトのをダラダラ流すのが良いでしょう。


3.決勝トーナメントもネットで行う。対局料はあり。解説付きの中継も行う。

予選は観戦できるサイトと中継用のTwitter+観る将によるボランティア・・・ぐらいでよいと思います。決勝トーナメントは1日で終わらせるとして、午前9時ぐらいから初めて決勝が夕食休憩を挟む形で9時ぐらいまでに終わるイメージ。

運営費は協賛企業とアマチュアの参加費で賄い、優勝賞金+決勝対局料の分をクラウドファンディングで賄います。対局場は将棋連盟でも良いのではないでしょうか。優勝賞金200万+対局料総額200万+運営費100万で、集めるべき金額は最低500万位からでしょうか。

公式戦にせずに、チェスクロックを使って棋譜も残さない・・・と割る切るのでも良いような気がします。プロ棋士はどちらかと言うと棋譜に価値を感じている方が多い一方で、それをマネタイズできてないのでそこは割り切ってしまう。決勝戦だけきちんとやる・・・ぐらいでどうでしょうか。

有志の観戦記、があれば嬉しいな・・ぐらいで良いと思います。


4.棋戦の決勝トーナメントのルールはハンデ戦にする。

クラウドファンディングで募集を掛ける際に、目玉になるように、そのルールに特色をもたせるべきと思う。ひとつ、叡王戦が参考になったのは、段位別のトーナメントにした点だろう。普段見られない対局組み合わせがあり、とてもおもしろかった。以下、考えられるアイディアを記す。

・駒落ち戦。年齢・性別・段位・プロアマ…などの諸条件で駒落ちにする。落とす駒は一般的である必要はないと思う。香車(右or左)、桂馬(右or左)から飛車落ぐらいまで色々できる気がする。
・持ち時間ハンデ戦。年齢・性別・段位・プロアマ…などの諸条件で持ち時間や秒読み時間の加減を行うことで駒落ちはできなくても似たようなハンデを付加することができるはず。
・戦型くじ引きハンデ戦。年齢・性別・段位・プロアマ…などの諸条件で格上となった方が、くじ引きで戦型を限定される棋戦。

このぐらいまでのハンデ戦であればゲームバランスをそこまで崩さずに、それなりに楽しめる気がする。例えば、加藤一二三九段を相手にした若手棋士が戦型くじ引きで矢倉を引いた場合や、行方さんや木村さんを相手に振り飛車を引く・・・など。


実際の金額が全く分からないのでコスト的に合ってない可能性も高いですが、棋譜を残す…の意味が新聞社がスポンサーだから、という部分が大きかったのであれば、観る方に思い切り舵を切ってやってみるのもアリかなと思いました。
関連記事

テーマ : ボードゲーム - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿