新人王、増田康宏四段の将棋を観よう!

増田康宏四段、この前新人王になった、通算成績が七割超えてる、お辞儀星人の森下卓先生のお弟子さんの棋士なんですけど。

この人の将棋、面白いですよ!


見どころはなんといってもその棋風。すごく攻めっ気の強い将棋なんです。

何とか流とかキャッチフレーズとかつきますけど、この人の場合はなんでしょうね?攻めっけ100%とか、野獣流というのがありましたが、さらに過激な感じです。

あと、終盤力が凄い。序盤から様子見っぽい手が少ない将棋で、かつ終盤も詰まし上げるので、すごくみていてスリリングな展開になる。


人間だけど指し回しがもっともコンピュータに近いかもしれない・・・というと昨今の諸々があるので微妙な表現かもしれないですが、人間特有の震える感じが少ない将棋。

プロというか将棋指してお金貰ってることに震えないというか、単純に勝負としてやるなら、木刀とか当身とかじゃなくてしっかり真剣だったりフルコンタクトでやるよね?っていう心意気を感じる将棋。

まあ、若いのでお金の心配とかローンとか、お小遣い制とか、嫁がアヒルツイートするとか、そういう心配がないのもあると思いますが、それだけじゃないカッコよさを感じる。


プロが若くても老獪な指し回しになっているのは、やっぱりそういう指し方が一番負けにくいからだったりしますが、それはプロになるまでに色々修羅場をくぐり抜けることで身についていく。

体中傷だらけなわけです。それでカラダが覚えてる。

でも増田康宏四段の場合は終盤がとにかく凄いので、ボクシングでいえばハードパンチャーなんですよね。そして相手をノックアウトするので、顔がきれいなんです。

ちょうど最近のボクサーでいうと井上尚弥みたいな感じ。


変な負け方、変な打たれ方をしてない将棋。トッププロが若手の頃に魅せる輝きそのものをもってますね。

逆転の仕方とかもものすごいものがあって、佐々木勇気さんのデビュー当初の将棋をみて、背負投げみたいにクルンっと逆転するなあと思ってたんですが。

そういう優雅さではなく、バチコーンと相手をぶん殴ったらその一撃で倒していた…みたいなハードパンチャータイプ。

とにかく勝ちになってからが早くて、勝負に踏み込むところも迷いがなくて、たまにそれで苦戦しちゃうんだけど、ぎりぎりのところでバチコーン!みたいな。

糸谷さんとかはもう、早指しとケレン味しかない、みたいな将棋をデビュー当時は指してましたけど(失礼)、あれとはまた違った面白さがありますね。

順位戦でもしっかり時間を使いつつ、怖い展開に踏み込みまくって最短で勝ち切るのは本当に凄いと思います。苦戦してからの粘りとバチコーンも凄いですが。

というわけで、最近は青嶋さんと増田さんの将棋に注目しています。
関連記事

Tag : 増田康宏

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)