将棋ウォーズの棋譜解析が便利だと思った。

棋譜解析の説明書は↓↓コチラ↓↓です。
http://shogiwars.heroz.jp/help/analysis_1


機能としては名前の通りで分からない部分は無いと思いますが、自分の指した棋譜をPonanza?コンピュータソフトが解析してくれます。

これが、結構便利。いままで感想戦は全くやらなかったんですが、この機能を使ってやるようになりました。

感想戦って正直私レベルでは非効率というか意味ないなーと思っていて、棋力が低いとわからないことがわからない・・・んですよね。

そこをじっくり読み解くことが棋力向上に役立つのは理解しているものの、その時間がないので3分切れ負けをやっている時点で感想戦をやる展開にはならない。


しかし。この棋譜解析のおかげで効率的に感想戦ができるようになりました。

基本的には、負け将棋にだけ使っています。勝ち将棋で使っても良いんですが、負け将棋のほうが効率的な気がします。

私レベルの将棋だと、だいたい好手の応酬からの詰めろ逃れの詰めろの連続の末のただ捨ての妙手があって勝つ…ということはなく、だいたいは致命的なミス、悪手がきっかけになって負けます。

あるいは、相手との棋力が離れている場合、いつの間にかマワシを取られていて、気づいたらにっちもさっちも行かない…ということもあります。知らないうちに斬られていた…というアレですね。


負けると対局結果画面に遷移するので、そこで棋譜解析ボタンを押します。一手解析とグラフというのがありますが、ここではグラフを選択します。棋譜解析にかかる時間はわずか5秒ぐらい?でしょうか。10秒無いと思います。

どのぐらいの棋力で分析してくれているのかわかりませんが、ポイントとしては圧倒的な悪手、何が悪かったのか?が大まかにわかればOKなので、今のところ私の棋力では問題なく機能しています。

グラフを選ぶと、一局の初手から最終手まで評価値の折れ線グラフが表示されます。どっちが良かったのか?が一目で見やすいです。


グラフの種類を大まかに分類すると以下3パターンがあります。

1.ジリジリと形勢差がついて、そのまま決着する押し切り型

2.評価値の急変をきっかけに決着する一手バッタリ型

3.評価値のブレが大きいシーソーゲーム型

の3つです。


1の押し切りは、自分より上位の対戦者の場合に出てくると思います。自分では互角が続いている…とおもっていたけど、中盤の入り口では既に損なっていた…というような将棋です。

形勢差にして自分では互角(±100点ぐらい)と思っていたら、±300点ぐらいだった…というような将棋。これは序盤戦術や大局観について勉強になります。

この時点でダメだということはこの作戦のこの分岐は…という風に序盤の経験値アップが見込まれます。

2の一手バッタリ型は、3分切れ負けということで意外に多い気がします。自分でも駄目だと思って駄目だったとか、何かアリそうなのに発見できずに負けた、というような将棋です。

3についても、基本的には似ています。どちらかに決め手があったのに、悪手を指したということです。


どの場合でも、気になる局面で手を止めてかんがえます。かんがえた後に、一手解析にかけるとその局面からのコンピュータの予想手順が10手ぐらい示されます。

この予想手順が局面によって結構レベル差というかクセの強さに違いがあるので要注意です。

詰みのある無しや圧倒的な決め手がある場合は、参考になります。中盤のねじり合いみたいなところでは、いかにもコンピュータ将棋だなあ…という手順を示すことも多いです。

なので解析する将棋はある程度選んだほうがいいかもしれません。勝った!と思って負けたアツい将棋や、押してるのに相手の防戦に間違って負けた…というような将棋が一番よいと思います。


棋譜解析チケットを購入するべきかどうか?については個々人の懐具合と棋力、思想的な部分があるのでおまかせしますが、少なくともプレゼントされたチケットが余ってる場合は一度試してみる価値があると思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク