佐藤天彦、新名人誕生!

遂に天彦名人誕生ですね。僕言いましたよね?三段の時から名人候補だって(言ってたかどうかは定かではありません。




それにしてもあの羽生さん相手に四連勝。ちょっとないことです。もしかすると調子が悪かったかもしれませんが、本当に凄いです。




タイトル戦で2度負けて、苦手意識を持たないのが素晴らしい。むしろ得るものが多かったかな?ぐらいの余裕っぷり。ワイン片手にルネッサ~ンスってなぐらいの。




クールっぽいですがいい意味での鈍感タイプ。やはり大舞台で震えないのは大きいですね。糸谷さんはテンパるけど盤上にそれが出ない。渡辺さんは子供の頃から騒がれすぎて、天才子役的なスレかたをしてるので大丈夫笑。天彦名人はクール鈍。そんな感じ。




将棋としては何でも指せて中盤力強く、踏み込みの度胸があり、終盤も震えない。金の動きにその力強さが出ている感じですね。広瀬さんが角で、天彦名人は金。




しかし横歩取り。横歩取りですよ。一時期ドル箱だった横歩取りもどうやら厳しいか?となってからの天彦名人の横歩取り。丁度2000年ぐらいに勝ちまくって二十代名人になっていた丸山さんも、後手番の横歩取りが原動力になっていました。
一手損ではキツいとなると横歩取りしかないんですかね。コンピュータみてると矢倉も面白そうで、渡辺竜王はそんな感じですよね。以前は横歩取りでしたが。




今回の名人戦では色々な形の横歩取りが出て。あまり好きではないのですが、今回の名人戦の横歩取りは楽しかったです。ちょっと羽生さんの準備というか用意というか、その辺が天彦名人に比べるとなかったようにも見えました。




初タイトルの後は調子が狂うケースが割と見られますが、天彦名人の場合は案外問題なくスンナリと勝ちまくりそうな気もします。




時間の使い方が抜群に上手いなぁと思いました。距離問わず走るタイプですが、二日制ではかなり走りそうです。




首都圏関西圏出身以外の棋士のタイトルということではかなり久しぶりではないか…と書いてて気付きましたが、糸谷さんも広島ですね。。ネットで育った世代が徐々にタイトル取るようになってきたのが2010年代でしょうか。




あとは渡辺竜王に見習ってカミさんを貰うくらいでしょうか。20半ばのアイドルか、高学歴高収入の姉さん女房32歳、みたいなのを勝手にオススメします(具体的な個人を想定してません…念のため)。




タイトル7個のうち三つが羽生さん、二つが渡辺さん。羽生世代で四つ、若手世代で三つ。いやー数日後には永瀬さんと羽生さんのタイトル戦もありますし、いきなり天王山な感じですね。





天彦名人奪取の勢いに乗って、永瀬さんにも是非頑張って欲しいです。羽生さんが最も得意な距離のレースですが、復調前に叩く感じで是非。
徒然なる感じですが以上です。




天彦名人、初タイトル奪取本当におめでとうございます!(^O^)
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)