羽生天彦戦@銀河戦が凄かった。

さっき、ツイッターのTLでそのようなツイートを拝見したので慌てて確認しましたが・・・これは凄いですね。

ぱっと見は、先手がやらかした感ある将棋のような気もしますが、中盤以降の手順が凄い。

佐藤天彦の充実っぷりを示すような、震えない手順。とてもカッコイイなと。

銀座戦のCブロックの決勝でみれます。パパっと並べるだけでも難しいことなく(あるんでしょうけど)、見た目が派手で楽しいので是非御覧ください。
http://www.igoshogi.net/shogi/ginga/index.html


後手の佐藤天彦の横歩取り研究が脅威だから変化する・・・ということなんでしょうかね、これは。
(この前の王座戦挑戦者決定戦の豊島さんしかり)。

佐藤天彦としては横歩取りが万全で、先手が角道をふさいできたときの作戦も豊富だとすると後手番として万全であるという心理的なメリットは大きいと思います。

相居飛車で先手が先に角道をとじてくれれば、少なくともしばらくは後手が主導権握れる可能性高いですしね。

いやー王座戦、楽しみになってきた・・。
関連記事

コメント

No title

OPから5分のみですが。
羽生VS佐藤
http://www.nicovideo.jp/watch/1437113525

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)