佐藤天彦、王座戦挑戦者決定戦に勝利、初タイトル戦へ!

今期絶好調というか、年度ではなく年で考えると2015年は殆ど負けてない佐藤天彦。調子の問題ではなく、世代出世頭が遂に目覚めた…という感じ。

この活躍には糸谷竜王誕生が絡んでないとは思いにくい。ここ最近の豊島も含めた若手のタイトル戦への登場が増えたのはよい意味で糸谷があるならば…という現実味というか実感が出てきたところはあるのではないか。

棋聖戦の豊島や今まだまさに羽生と戦っている広瀬と比べた場合にどうなのか?という意味では、銀河戦での対羽生戦勝利もあるし、作戦の充実度でいうと最も期待できる若手棋士かもしれない。

先手番でしっかり勝ち切る作戦を用いて、後手番ではたまに羽生が見せる余裕というか趣向というか、相手の作戦に乗るようなところが出てくるとかなりチャンスだし、糸谷のようにキチンと先手番で勝ちを積み上げたところから振り駒で先手を引いて…というフルセット奪取も、今後のための経験としてはかなり大きいだろう。

それにしても、挑戦者決定戦の将棋は凄かった。本質的には力強い両者らしい戦いというか。模様の取りにくい将棋ではあつたものの、馬と歩の得という実利は大きかったのではないか。

まだ途中からの展開を並べてないのだが、先手の飛車がああいう形で暫く隠居し続ける将棋というのはなかなか無いので、思わず久しぶりにリアルタイムで観戦してしまった。

プロ将棋界というのは本当に必然しかない、まぐれのない、実力世界なのだなぁということを、豊島プロや天彦プロの活躍を見ていると思う。

瀬川さんのプロ編入試験のことや、次点を蹴った決断など、将来のタイトル戦登場を思えば必ず糧になるであろうプロセスを経てきた佐藤天彦プロ。

是非初めての大舞台からその実力を最大限に発揮して将棋界最高峰とよい戦いをしてほしい。

天彦プロ、本当におめでとうございます!
関連記事

Tag : 佐藤天彦

コメント

コメントの投稿