FC2ブログ

第四回将棋電王戦は3-2でプロ棋士の勝利

先ほど、電王戦FINALの最終局が終わった。

山口定跡として有名な局面に阿久津プロが誘導し、巨瀬さんが開発者権限で投了した。

事実だけかくとこれだけの話だ。最初に言いたいことは、この件については、阿久津さんも巨瀬さんも決して非難されるべきではない、ということだ。

どちらも将棋を真剣に考えるからこそ、ルールの範囲内で戦ったということではある。そのルールがどうだったのか?という議論は、この最終局前に、コンピュータ開発者に近いところから出ていた。とはいえ、このレギュレーションの決定者についても、責められるべきではないと思う。

巨瀬さんのここまでの人生と、プロ将棋・コンピュータ将棋の実力の現状、色々なことを絡めて考えると何も言えない、なんとも言えない気分になってしまう。

私は今までこの電王戦を、人類の未来の先行指標というか、人工知能が人間を凌駕していく過程を見せてくれているものだと考えていた。特に、プロ棋士が明確に練習対局での負け越しを言及したり、過去の電王戦での結果をみたりしていく中で。

今まではわりと人工知能と人間の関係性において明るいものをみていたのだが、こういう展開をみてみると、生理的に人間にとって好ましくないことが起こっていくのかもしれないな、という気がしました。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)