FC2ブログ

電王戦の今後を聞いて。参加します!

家事育児、そして勿論仕事とラン、そしてロードバイク…からの競馬。お父さんは忙しいんですよ。

忙しくて、将棋はウォーズすら指せてませんし、タイトル戦もリアルタイムではなく、順位戦だけお気に入りのを観たりしてるぐらいです…(-。-;

将棋に対する興味はあるんですが、体力がないんですよね。週に五千キロカロリー分の運動をしつつ将棋を嗜めるぐらいの体力があれば…という。

なので、電王戦の記者会見のタイムシフトも観てないし、世論?も観てないし、唯一観たのはハッシーが憤る巣鴨。ならぬ姿。

ハッシーの憤りの続きは課金サイトで読めるのかしら?

あとは青葉記者の呟きもみましたかね。

私が知る限りでは、次が団体戦としての電王戦はファイナルであると。そしてタイトルホルダーは出れないけど、強いの用意するよと。

まずはそこまでの話としてみると、これは賛否両論あるのはわかる。タイトルホルダーがでないのかと。そういう意見があるのはわかります。

ただ、金額の是非はあるものの、一旦は示された対局料というものもある。羽生なら七億円というあれですね。妥当性はさて置き、示されてると。

いやいや、そんな金額、交渉の俎上にすら…というとも分かる。しかし、タッグマッチで総額竜王戦相当を出すとしたスポンサーがいる訳ですから、何らかの交渉があったとして不思議ではない。

仮にタイトルホルダーが負けたら、主催者の顔に泥を塗るという見方もあるでしょう。私はそうは思いませんが、私のお父さんである某新聞の社主は思うかもしれません。その決着をつけるために料理で対決する可能性すらあります。

個人的には今回の若手のラインナップをみてから判断したいところです。この大将としてタイトルホルダーがでるかどうかというのは、AVにおけるモザイクみたいなものでしょう。

薄消しでええやろ、ええのんちゃうか?そういうことです。だいたいギリギリのところまでいけば、その先に何があるかは、目を細めてみなさいと。

案外、モザイク消えたらがっかりするもんなんやで。ということでお茶を濁すのはありだと思います。

まずは団体戦についての私の意見はおしまいです。

次にタッグマッチですが。

これは面白いんでしょうか?というのがまず最初の疑問。前回のトーナメントもそんなに面白くみれなかった私ですが、この辺は、番組としての改善点というか、見え方というか、そういうものなのかもしれませんが、面白くできるのか?に注目したいです。

個人的には、あまり面白さを感じない。何故かはまだわかりません。言語化するべきなのかもわかりません。なぜなんでしょうか。

ドワンゴが新規契約するべき、新しい棋戦やって欲しいという希望は私にもありました。しかしこの形だったのか?はなかなかに難しいです。

普通の棋戦を連盟としては求めた気はします。ドワンゴは団体戦や、コンピュータを絡める形を示したのでしょう。その落とし所がここだったと。

始まる以上は、長く続く、或いは変更になっても何らか存続することを希望しますが、その大前提は、この試みが面白いということです。

そこを担保できてはじめて存続があるのでしょう。個人的にはこのトーナメントに出場したいです。相棒はポナンザを指名しますね。

基本的には全部ポナンザの指し手を信じて、私自身は電王手君ならぬ、人王手くんになります。

持ち時間とか知らないですけど、指し手をあの大観衆の前で再現するだけでも相当なプレッシャーだと思うんです。なので、ここは自分の指し手を出したいという欲を抑えて、オール・ポナンザ・インで行きたいと思うんですよね。。

アマチュア枠を作ってくれないかな~。予選もコンピュータ同伴で。僕が、一番上手く、ポナンザを、操れるんだぁっ…ってなもんですよ( ^ω^ )。

ドワンゴのみなさん、是非ご検討してくださいね\(^o^)/









関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)