FC2ブログ

昨日の糸谷プロの勝ちは本当に大きい。

いやー、糸谷プロのファンとしては本当に嬉しい。

先手番で千日手から、後手番になった時点で嫌な予感。そしてイッテソンの得意な形に持ち込んで先攻したものの、逆に苦戦に陥る。

頼みの綱は、相手の陣形がいびつであること。そういう将棋は、糸谷プロの土俵ではある。

昔から少し苦しくなってから妖しく粘るのは上手い棋風だけど、順位戦では流石にそれも通用しない…というのが初期の糸谷将棋だった。ネット将棋で鍛えた功罪とも言える。

しかし今となってはそれも解消されてじっくり時間を使いつつ、持ち味を損なわずに、良い将棋はしっかり勝ち、苦しくなる前にペースを落として戦うようになった。

負けててもおかしくなかった序盤の勝ち星というのは勢いを生む。是非この調子で頑張ってください!( ^ω^ )









関連記事

Tag : 糸谷哲郎

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)