FC2ブログ

棋聖戦も羽生さんがストレート防衛。

いやーまたもや久しぶりの投稿です。今温泉にいるんですが、夜中もやってるところなので、寝起きの酔い覚ましにひとっぷろ浴びてきたんですが、深夜のスッピンほど怖いものはないですね…(-。-;

ちょっと遭遇した感がハンパなかったです。能面的なノーメイク…。

さて、昨日は朝日杯のアマプロもあったんですが、結果としては順当にプロ勝ち。しかしアマでは頭一つくらい抜けてる感のあるカクさんと今泉さんですが、ついに今泉さんがまたもやプロ入りのチャンスを迎えています。

ここ最近の今泉さんは、かなり安定してますよね。序盤固定というか、研究でかなり細かいところまで整理しつつ、持ち前の中終盤の力強さを完璧に活かせる感じ。

カクさんのほうが更に追い込み型なのに対して、今泉さんは昔よりも少し前方に位置することにより、終盤の脚がしっかりつかえている、そんなイメージです。

プロ入り試験の相手はそんなに悪くないと思うので、プロ入りの可能性は五割以上はある気がします。五十万円の受験料は、キャンプファイヤーとかで募るといい気がしました。

そして、棋聖戦ですが。またもや羽生さんのストレートでした。戦い方が対森内戦ということでいうと、完璧に変わりましたね。

もう舗装路では戦わないよと。オフロードの戦いだよと。そういう感じ。5筋に桂馬を二枚突っ込むところからの進行とか、荒々しい雰囲気が出てると思います。

具体的にどうすれば良いのかは勿論私にはわからないのですが、その辺ではすでに後手のパンチが入ってる気がするので、後手の作戦勝ちだったのでしょうね。


しかしこれで羽生さんは今期負けなしの11連勝ですか。あり得ませんね…。

かなりざっくりした感想ですが、以上です。( ^ω^ )






関連記事

Tag : 羽生善治 森内俊之

コメント

No title

本局は、森内さんが前例から手を変えたんですけど、どうやら森内さんはソフトを研究にはあまり利用していないのではないか?(無論、良し悪しを別にして)と激指を見ながら思いました。

45手目に7七銀で前例を離れ、54手目までほぼ互角、55手目7九歩で後手有利という評価値でした。この十手、激指の第一候補、上位候補の手と一致して、55手目に森内さんが激指の第三候補を指して評価値が傾き、以下も羽生さんと激指の手は高確率で一致したまま後手勝ちとなりました。

森内さんは63手目で自信がないと言っているのですが、プロ棋士がソフトで45手目以降を研究すれば63手目まで容易にたどり着けるわけです。

激指の評価値を見ながら、タイトル戦って何だろう?と思ってしまいました。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)