NHK杯の大石さんを見て改めて思ったこと。

NHK杯の大石さんを見て改めて思ったこと。

森信門下の大石プロの快進撃が続いている。順位戦での黒星無しの昇級、そしてNHK杯の準決勝進出。羽生さんや渡辺明二冠のように、長いところと短いところの両方で結果を出している。

割と研究して細かい変化まで網羅しているのかと思っていたのだが、解説の豊島プロ曰く、センスがある、考えてからではなく、まずはこうだろう、と指してからその後の組み立てをおこなうようなところがあるとか、上手く自分の求める展開に持ち込むテクニックに優れたタイプなのだという。


このへんはやはり実力が近い人同士じゃないとわからないところもあるし、研究会の相手だけが知っているところもあると思うので興味深い。

僕が久しぶりにNHK杯をみていて、そしてまた久しぶりに大石プロの指し回しをみていて思ったのが、中盤にやはり特徴のある棋士だなと思いました。

サッカーで例えると、わーっと混沌とした、そう然とした展開の中で、しっかりボールを一旦キープして局面を落ち着かせるミッドフィルダーのような雰囲気。

ぐぐぐっと、中盤の良さそうなところで更にスローダウンさせて、万が一にも負けることがないようにする、というか。

決してふるえてるわけではなく、絶対に勝つためのスローダウン。しかもそこから追い込まれても全く慌てない。そういう胆力も兼ね備える選手ですね。

羽生さんの踏み込みが勇気ゆえであれば、大石さんのこの留まりもまた勇気ゆえのもの。そういう感じです。

どうやらこのNHK杯の大石プロは、A級をなぎ倒してるようですね。なんとなくですがこのまま優勝しそうな感じがあります。

いやー面白い棋士がどんどん出て来て将棋界、本当に楽しいですね(^ω^)

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)