NHK杯大石プロが羽生善治三冠、から大金星

いやー驚きましたね。早指しだし、この戦型だしってことで大石さんなら一発あるで!っとツイッターではつぶやいていましたが、まさか本当に勝ってしまうとは。

うまく研究がハマったというか、駒組み時点で後手が作戦勝ちしていた雰囲気もありますね。それにしても羽生さんに後手番で若手が勝つというのはなかなかにないことです。

大石さんの焦らずミスの少ない棋風が向いた展開になっていましたでしょうか。

途中から羽生さんもマジック繰り出すすべもなく、と金捨てて迫るような非常手段も見られましたが流石に序盤中盤の貯金が大きくそのまま大石さんが逃げ切りましたね。

昨日は実は観るつもりなかったんですが、羽生さんがでるということに気づいて見たんですよね。いやーいいものみせてもらいました。こうなったら、羽生さんを打ちとった責任を果たしてほしいと思いますが、今期のNHK杯はかなり荒れそうな雰囲気ですね。渡辺明、羽生善治といなくなりましたので、まだチャンスのある棋士たちはボーナスゲームだと思ってしっかり優勝目指して頑張って欲しいです。

昔なつかしの土日トーナメント。町道場でありましたよね。私は大体道場で一番強い人達にはかなわないので、大体準決勝止まり。良くて準優勝。そういう感じでした。それが、たまに上位が潰されて、しかも私もまぐれ勝ちしたりして。

その結果、弱い者同士の決勝とかになるんですよね。そこで勝ちきれるかどうか…という勝負は年に2・3回ぐらいあったのかなあ。それを思い出しました。若手もベテランも頑張れ!

個人的な予想としては船江恒平、ということでいかがでしょうか!?><
関連記事

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

コメント

すみません、この対戦をこれからビデオ録画でみようとしていたものですが、たまたまこのブログのタイトルを拝見してしまい、結果が見る前に分かってしまいました‥もちろん、放送日以降なので仕方ないのですが、まだ未視聴の者への配慮として、タイトルで結果が分かってしまうようなブログはやめて頂くければ‥「羽生対大石を見て」などのようなタイトルならば、このような事は避けられますので‥

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)