千田さんの将棋が楽しいね。C2全勝は四名に。

事実情報だけまず最初に。

[C級2組成績一覧] ( )内は順位/*は降級点1つ/**は降級点2つ

【4勝0敗】佐々勇(5)、阿部光(14)、大石(18)、高見(23)
【3勝1敗】澤田(4)、村田顕(7)、西川和(8*)、岡崎(16*)、八代(17)、藤原(31**)、村田智(32*)、瀬川(39*)、千田(45)
【2勝2敗】永瀬(6)、矢倉(9)、及川(10)、吉田(13)、中村亮(19)、中座(22*)、伊藤(24)、村中(25)、田中悠(26)、佐藤和(29)、門倉(30)、長岡(33**)、藤森(34)、増田(36*)、小倉(38*)、遠山(40**)、伊奈(42**)、上村(43)、石田(44)
【1勝3敗】森(1)、内藤(2)、横山(3)、中田功(11)、西尾(12)、佐藤慎(20)、神崎(21)、勝又(27)、牧野(28)、西川慶(41*)、竹内(46)
【0勝4敗】佐藤紳(15)、田中魁(35)、石川(37*)

まず最初に見たのは千田さんの将棋。あの中盤でどうなったのかと思えば、なかなかスリリングな展開からの華麗な終盤。右玉などを好む人は楽しめる棋風だと思う。

次にコール君のところ。ああいう穴熊は強くなってからしか指してはいけないような気がしますが、プロの後手番ということで仕方ないか。

形勢の細かいところはわかりませんが、穴熊らしい無理の効かせ方と、絶妙の馬の活用で先に先手玉が引っ張りだされる形となってコール君の勝ち。

次が伊藤大石。伊藤の中飛車左穴熊にプロらしい筋の良い効率の良い手順で対峙する大石。

金銀の連結と桂馬の働きの差で後手が終始良かったように思うが、どうなのか。途中の何気無い手順も優雅でこれぞプロ、という対策だった。大石さんは受け将棋なのかな?という落ち着きの良さ。

西尾佐々木勇気戦はかなりスリリングな戦いに。先手の飛車が捕獲されてから後手が良いのかなと思ったが、後手玉がかなり薄いので、時間によっては先手が勝ちやすい展開か。

先手の攻めは細いが後手の飛車のタダ捨てには驚いた。後手玉は先手が飛車をとったことで開けた活路で九筋に逃げ込めたのが勝因のような気がしたが…。

この勝利は勇気君にとってかなり大きい。


全勝者四人の将棋を中心にみたが、やはり将棋は終盤力だなぁと当たり前のことを思った。この全勝者の中では、勇気コール君の応援をしているが、大石プロの指し回しは、千田プロと共に今後も注目したいと思わせるものだった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
5位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク