FC2ブログ

(追記有)ベテランのスタートダッシュ。第72期B級2組

また少しだけ順位戦について。結果からいうと、私の好きな棋士が沢山2連勝していたので良かったです。



堀口 一史座七段(1勝1敗)○-●中村 修九段(0勝2敗)…15時19分

まずいちばん早く終わったのはここ。後手の中村が角交換四間飛車をやってから、飛車交換に応じてからの受ける中年。しかし受かってませんでした。先手の圧勝。やはり飛車交換した時点で辛かったか。

中川 大輔八段(1勝1敗)●-○田村 康介七段(1勝1敗)…19時51分
先手の横歩取りからのひねり飛車。ただし後手も2筋に絆創膏を貼らずに頑張る手順。両者の特徴がでた将棋でしたが、先手陣のほうが攻められる箇所が多かった…という印象。特に受けなかった2筋を活かした攻めとひねり飛車の角頭が目標になる手順が生じたのが先手にとっては痛かった。


青野 照市九段(2勝0敗)○-●豊川 孝弘七段(1勝1敗)…20時27分
私の愛するトルイチ、こと青野先生。本当に青野先生の将棋は好きで、対振り飛車急戦ではお世話になりました。最近のこの角換わり、一手損での序盤研究の深さも素晴らしく、初戦に引き続き、一手損撃破で圧勝でした。横歩取りでも青野流が流行っているように、その序盤感覚はいまでも序盤研究の第一人者であるといえます。


野月 浩貴七段(1勝1敗)○-●畠山 成幸七段(0勝2敗)…21時44分
横歩取りで野月プロらしい攻めが炸裂。と金作った時点では良さそうだったが、そこからの決め方も震えない指し方でかっこ良かった。


南 芳一九段(0勝2敗)●-○先崎 学八段(2勝0敗)…23時31分☆
相矢倉から先手良しとされる定跡に入るが、途中で後手の先崎プロが前例から変化。ただしそれで良かったわけではないので今後は微妙だが、中盤のねじり合いで先手の疑問手もあり逆転。これで先崎プロも連勝。


島 朗九段(0勝2敗)●-○杉本 昌隆七段(1勝1敗)…23時38分
角交換振り飛車にいつのまにか先手陣の金銀が分断されてさしきれないと判断されたのか、島先生早めの投了となった。


井上 慶太九段(0勝2敗)●-○佐藤 天彦七段(2勝0敗)…23時48分☆
横歩取り青野流の最新形に。例の羽生vs小林裕士戦の形だ。52手目で後手の天彦プロが手を変える。前例では2九の香車一発で先手の勝ちになったように見えたが、それを回避するような、香車を除去する手順だった。その構想が良かったようで、後手の勝ち。天彦も連勝。


以下、まだみてないので結果だけ。どうやら戸辺さんは詰みを逃したらしい。(ツイッターでの呟きより。)また、注目していた稲葉中田戦は後手の勝ち。中田先生の連勝も嬉しいし、角換わり腰掛け銀で後手待機策をとっていたので、どういう構想で勝ったのか?をあとで楽しみに鑑賞したいと思う。

窪田 義行六段(1勝1敗)○-●森下 卓九段(1勝1敗)…0時5分
安用寺 孝功六段(0勝1敗)●-○飯島 栄治七段(1勝1敗)…0時41分☆
北浜 健介八段(1勝1敗)●-○阿部 隆八段(1勝1敗)…0時51分☆

村山 慈明六段(2勝0敗)○-●戸辺 誠六段(1勝1敗)…0時57分

ここは本日の大一番、という将棋でしたね。携帯中継もありましたし、ご覧になられた方も多いと思いますが、こういう将棋を毎回みたい。

どちらもこれぞプロ!という序盤の構成力と真剣勝負ならではの中盤、端からの攻撃。本当に素晴らしい将棋でした。

戸辺プロとしては詰みを逃して残念だったと思いますが、本当にかっこよかったですね。


稲葉 陽六段(1勝1敗)●-○中田 宏樹八段(2勝0敗)…1時13分

この将棋も良かったです。角換わりの後手で様々な工夫を編み出している中田宏樹プロですが、本局もかっこよかった。

序盤の馬を作った所では先手がすぐ行けば後手も苦しかったように思いますが、銀を立て直したあたりでは後手も相当。

特に壁銀ならぬ壁馬でしたが、馬と銀の性能の違いを思い知りました。

終盤の寄せも鮮やかで中田宏樹プロのいい所盛りだくさんの将棋でした。

その結果が以下。連勝スタートは五名。全員私の好きな棋士なのでとても嬉しい。(連勝してないところにも好きな棋士はいるのでもちろん複雑な気分ではありますが)。

[B級2組成績一覧] ( )内は順位、*は降級点

【2勝0敗】中田宏(2)、佐藤天(4)、青野(11*)、先崎(16)、村山(22)
【1勝0敗】泉(25*)
【1勝1敗】飯島(3)、窪田(5)、北浜(6)、戸辺(7)、阿部隆(8)、森下(10)、野月(14)、杉本(15)、田村(17)、豊川(18)、中川(20)、稲葉(21)、堀口(23*)
【0勝1敗】安用寺(9)
【0勝2敗】井上(1)、島(12)、畠山成(13)、中村修(19)、南(24*)



勝負という生き方 将棋棋士32人の肖像勝負という生き方 将棋棋士32人の肖像
(2013/06/26)
高橋 呉郎

商品詳細を見る
内容紹介
羽生善治が、谷川浩司の光速流を目の当たりにした際の高揚を楽しげに語る。
佐藤康光が、タイトル戦の終局直後に思わず涙した理由を語る。
郷田真隆が、自らの信念と美学に裏打ちされた独特の将棋観を笑顔で語る。

トップ棋士だけではない。勝負に生きる者には、ひとりひとりに大舞台がある。
自らの哲学を、名誉を、人生を懸けて戦う棋士の姿にベテラン観戦記者が迫る。
将棋世界の人気連載「感想戦後の感想」から、32編を選り抜いて収録。
著者について
高橋呉郎(たかはし・ごろう)
将棋観戦記者。
昭和8年生まれ、千葉県出身。早稲田大学文学部仏文科卒業後、光文社に入社。『女性自身』『宝石』などの編集に携わる。
梶山季之主宰の月刊誌『噂』の編集長。将棋ペンクラブ大賞選考委員。著書に『週刊誌風雲録』(文春新書)など。
関連記事

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 先崎学 青野照市 中田宏樹 佐藤天彦

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)