清水上徹さん五連覇! 第36期朝日アマチュア将棋名人戦防衛で。

1-1で迎えた第三局、振り駒で後手番となった清水上徹さんでしたが、見事勝利して五連覇を達成しました。

また、アマチュアタイトル初挑戦だった倉川さんは、初挑戦とは思えない震えない指し方、特にその積極的な指し回しには非常に感銘を受けました。

以下、簡単に感想を。

第36回朝日アマ将棋名人戦▲倉川尚 vs △清水上徹にて、棋譜を確認出来ます。

第一局に引き続き、先手番を引いた倉川さん。個人的には第二局の勝負を見ていて、これは倉川さんが先手を引いてそれでようやく勝負形かな?というつぶやきをツイッターで行いました。

それは倉川さんの棋力が劣っているとかそういうことではなく、このような大舞台でタイトル獲得がかかった時に、通常どおりの実力を発揮するのは難しくなる。

清水上徹さんはこの舞台だけではなく、あらゆるタイトルマッチ、プロアマ戦においての経験値がずば抜けているので、先手番を倉川さんがもって、またあの飛車先を決める指し方を観たいなと思っていました。

倉川さんの用意があって、清水上さんを翻弄?して、それでようやく勝負としては面白くなるのではないかと。


将棋はがっぷり四つの、膠着模様を迎えます。こうなったら、通常は千日手もやむなし、というのが最近の風潮だと思います。そういう展開でしょうか、というコメントもツイッター等では見られました。

しかし、私は倉川さんは打開するのではないか?とツイッターでつぶやきました。ここまでの積極性を失ったら良くない、と思っていたのではないでしょうか。

逆にいうと、そのぐらい自分を奮い立たせないと、一旦守勢に回ると経験値の差でつらくなると思ったのかもしれません。

第二局がまさにそういう将棋で、勢いの良さでは先後の得の差を埋めきれなかった、というような印象を受けました。

先後の陣形が全く同じ形で、しかし離れ駒の金の位置としては振り飛車側の金が一路玉に近い。この時点で倉川さんが仕掛けましたが、結果的にはこの仕掛けは不発だったようです。

加藤一二三九段が指摘していたような、二筋が薄くなったことをみて転戦するのが良かったようですが、このへんはやはり現役でほぼ唯一トッププロとして大山康晴名人やダルマ流の振り飛車を相手に戦ってきた加藤一二三九段の凄みを感じました。

78手目が振り飛車らしい、軽い好手。この手があるのであれば本譜の攻めは良くなかったです。

桂損を甘受し、反撃を狙うはずが、飛車の逃げ場所を間違って余計に自陣を削られることになりました。このへんでは私は先手はもう投げてもおかしくないと書きましたが、せっかくの大舞台、ここからの第二ラウンドもなかなかの見応えがありました。

しかし現実問題としての駒損は大きく、後手の清水上徹さんが危なげなくまとめて五連覇を決めました。

清水上徹朝日アマの感想コメント、倉川さんについての印象についてがなかなか興味深かったです。


そして倉川さんのコメントはアマ全体へのエールのようなものだと私は感じました。

お二人ともお疲れ様でした!そして清水上徹さん、五連覇おめでとうございます~!


新・アマ将棋日本一になる法新・アマ将棋日本一になる法
(2008/08)
天野 高志、清水上 徹 他

商品詳細を見る


関連記事


関連するタグ 清水上徹 倉川尚 ゴキゲン中飛車 加藤一二三 行方尚史

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
8位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク