大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(10)

さて、もう一度タイプを振り返ってみます。代表的なプロ棋士を今度は若手で表現してみますね☆

1.序盤型×定跡型:学者タイプ・・・村山慈明
2.終盤型×力戦型:野武士タイプ・・・山崎隆之
3.終盤型×定跡型:アスリートタイプ・・・菅井竜也
4.序盤型×力戦型:芸術家タイプ・・・糸谷哲郎

こんなかんじです。異論は認めます・・・が議論は勘弁してください!><(特に糸谷プロは終盤も鬼強いですからね・・・4番タイプでぴったりな若手っていますかね?)。

それぞれの勉強方法をこざっぱりとまとめるといかのような感じですね。

1.序盤型×定跡型:学者タイプ
1手詰め・3手詰めのオモウラ。プロ棋士の書籍を買い漁ってその通り指す。
指す作戦は居飛車・オールラウンダーで是非。

2.終盤型×力戦型:野武士タイプ
1手詰め・3手詰めのオモウラ。ひたすら詰将棋の手数を伸ばしてオモウラ。
作戦は右玉・嘘矢倉・雁木など受け身の居飛車か振り飛車推奨。新旧問わず好きな作戦を固定化するのがよさそう。

3.終盤型×定跡型:アスリートタイプ
1手詰め・3手詰めのオモウラ。詰将棋の手数を伸ばすのは同上。
作戦は振り飛車推奨。振り飛車党のプロ棋士の書籍を買って最新形を常に究め続ける。戸辺誠プロ、鈴木大介プロ、などの著作がお勧め!

4.序盤型×力戦型:芸術家タイプ
1手詰め・3手詰めのオモウラ。特殊な戦法を使うプロ棋士の書籍を買って参考にするかアレンジする。もしくは自分でゼロから考える。プロ棋士の書籍を買いたくても絶版になっていることも多いのでその場合は、ネットオークションやアカシヤ書店に行こうw


必殺!カニカニ銀―究極の二枚銀戦法必殺!カニカニ銀―究極の二枚銀戦法
(1992/03)
児玉 孝一

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 村山慈明 山崎隆之 菅井竜也 糸谷哲郎 行方尚史

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)