FC2ブログ

電王戦について(その1):対コンピュータ戦の準備とルール

実際に大舞台でコンピュータとの対戦経験がある渡辺明竜王がこのように書いている。

いよいよ詳細が発表されました。
第2回電王戦

棋士側としては練習台をもらえるのか?という点が気になるんですが、事前の決めはないんですね。開発者の方によって貸す、貸したくない、とそれぞれのようでした。
会見でもあったようにソフト同士の対戦は見られるんですが、コンピューター将棋は異質ですから、本番前に実際に動かしておきたいところです。この件についてはこれから詰めるような感じでしたので、追って発表があるんでしょうか。
電王戦。



ここから分かるのは、プロ棋士からみるとコンピュータ将棋は異質である、ということ。実際、渡辺明竜王も対戦前にボナンザと何百局と指したと聞いています。米長邦雄会長もそうでした。

あとは千日手の取り決め。このへんは千日手が引き分けという扱いならば、後手番を受け持つ佐藤慎一プロと塚田泰明プロは千日手を狙う、チェスの後手番のような作戦は取りやすい。

考えてみると、奇数はプロ側が先手を持つのでこの時点で普通に考えるとプロ側に有利なわけである。ただしそうとも言い切れないのが、後手番を受け持つ二人がやや攻めっけの強い、先手番でその強みを発揮しそうな二人であることだろうか。

オール居飛車党で先手を持った三人には期待できるが、後手をもった二人がかわいそうではある。後手番で佐藤慎一と塚田泰明はどのような作戦をとるのだろうか?

塚田泰明プロは後手番では横歩取り的な展開を志向することが多いと思う。相手が振り飛車であれば居飛車穴熊の含みは残す。ただしそれが凄く功を奏している印象もないが。居飛車穴熊の名手、と比べるとやはり棋風的には攻めっけの強い将棋だと思う。

相矢倉になった場合、後手番では攻勢が取りやすい作戦を用いる印象があるがこのへんはコンピュータ将棋が待ち構えるところ。振り飛車で来てもらって居飛車穴熊になった場合にどうにかなるか?という気がするが相矢倉や横歩取りになるとコンピュータの切れ味が活きそうだ。引き飛車相掛かりも人間が勝ちにくいと思う。

佐藤慎一プロは後手番の作戦をどうするのだろう?この人の場合、ちょっと通常の常識は当てはまらないタイプ。競馬でいうと大穴タイプ。古いが競馬でいえばダイユウサク、というタイプ。誰と戦っても五分、という感じ。勝負根性に優れているので、人間は特にに格上の人間はこういうタイプを嫌がる。特に相手がこの漢を知っていれば知っているほどに。

ただし相手はコンピュータなのでそのへんが一切通用しないので苦戦しそうだ。これは申し訳ないがそう思う。将棋的にはリスクの許容度が高いというか、危険な道を通り過ぎる印象がある。故にハマると相手の心理的な思惑も絡んでハマるわけだが、相手がコンピュータであることを考えるとリスクでしかない。

ただし、対振り飛車となれば居飛車党ならではの強みはあるのでコンピュータが振り飛車であることを祈りたいが、塚田泰明プロの対戦相手ともどもに、居飛車定跡での初期設定がされていそうな気がする。

その時に、この佐藤慎一という漢は、飛車を振ってしまいそうな気がしている。特に角交換型の、例の藤井定跡だ。あの作戦を使った場合にそれで勝ちきれるとは私は思わないのだが。角交換型の将棋をCOMに挑むのはかなり危険だ。攻め筋のバリエーションが増えるということはそれだけで脅威なので。

ちょうど米長邦雄会長が△6二玉と指した理由の真逆の展開が待ち受けているといえる。

後手番の相矢倉でと思うが、角換わりに誘導されるとそれこそ計算の世界なので危険。後手矢倉の誘導しやすい局面と角換わり腰掛銀の待機作戦の二本立てで行くしか無いのではないか?と思うのだが…。






コンピュータ将棋の進歩 6 -プロ棋士に並ぶ-
人間に勝つコンピュータ将棋の作り方
閃け!棋士に挑むコンピュータ
われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る
ボナンザVS勝負脳―最強将棋ソフトは人間を超えるか (角川oneテーマ21)
コンピュータVSプロ棋士―名人に勝つ日はいつか (PHP新書)
関連記事

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 渡辺明 コンピュータ将棋 GPS将棋 ポナンザ 電王戦 塚田泰明 米長邦雄

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)