FC2ブログ

第22回世界コンピュータ将棋選手権/電王戦出場ソフト決定

過去の大会の様子も含め、全てコンピュータ将棋協会のサイトから情報は入手可能だ。

第22回世界コンピュータ将棋選手権の結果は、


【6勝1敗】GPS将棋
【5勝2敗】Puella α(ボンクラーズの新名称)
【4勝3敗】ツツカナponanza
【3勝4敗】習甦、激指
【2勝5敗】YSS
【1勝6敗】Blunder

となった。


第2回電王戦について

閉会式で米長邦雄・日本将棋連盟会長から「今回の世界コンピュータ将棋選手権の上位5チームが第2回電王戦のコンピュータ代表として出場する」旨の発表がありました。
すなわち、GPS将棋Puella α、ツツカナponanza習甦がコンピュータ代表として第2回電王戦に出場いたします。



なんと、あの激指がベスト5に入れず、過去実績のあるGPS将棋が優勝、昨年の覇者ボンクラーズ(現:Puella α)が二位となった。三位のツツカナはここ最近の躍進具合と、その特徴において今後が大いに期待されるソフトである。以下、ツツカナの紹介文より引用。

ツツカナのアピール点は、「ツツカナの一番の特徴は、指し手を読む深さを機械学習によって決定していることです。
これと他の手法を組み合わせることで20手前後の先読みを行っています。」



ツツカナのマシン構成が「CPU:Corei7 3930K メモリ:4.2GHz 1プロセッサ 6コア 16GB」であることを考えると、かなり凄い健闘のように思われる。(GPS将棋にいたっては788台のコンピュータによる戦いだった。勿論単純に台数が棋力に直結するわけでもないし、台数を多く統べる技術も必要ということで一概には言えないものの、決勝上位のソフトとしては最小構成だったことには間違いない。)

全部の将棋を観たわけではないのだが、ツツカナの二次予選から決勝における、強いソフトとの対戦を観る限りでは、全く遜色ないどころか、コンピュータ将棋が不得意とする入玉形であっても、自然に見える指し回しで勝っていたのが印象的。

例えば、GPS将棋と旧ボンクラーズ(Puella α)の将棋が入玉模様になってからが酷く、最後は必敗のはずの旧ボンクラーズ(Puella α)が時間切れ負けで勝利するというものだった。この1勝が大きく、Puella αが総合順位で2位となった理由だろう。



今回のコンピュータ将棋選手権で好成績を残した5つのソフト、GPS将棋、Puella α、ツツカナ、ponanza習甦については、将棋倶楽部24のレーティングにおいて、おそらくは3300点近くあると思われる。人間でいうと、最高峰で3000点ぐらいであることを考えると、早指し戦においては人間を既に凌駕している可能性がある。いかにプロと言っても、早指しでノーミスで指すことは難しいので、後手番で一度ミスすれば逆転され、先手番でも二手ほど緩めば捲くられるのではないか。


GPS将棋、Puella α、ツツカナ、ponanza習甦。それぞれに特徴がある。

Puella α(ボンクラーズ)とponanzaはどちらもBonanzaライブラリ採用ソフトであり、ラーメンで言えば家系ラーメンみたいなものだろうか。本家があって、それをアレンジした分家、と言ったところ。(こう書くと将棋やコンピュータ将棋に詳しくない人にもわかるだろう)。追記:ponanzaは名前をもじっているだけで、ボナンザライブラリは使ってないとのことです。(詳細はこちら→http://www.computer-shogi.org/wcsc22/appeal/ponanza/appeal.pdf)

駒組の自然さというか筋の良さに定評があるのがボナンザ系だろうか。あとは詰将棋の長手数を詰まし上げることをやや不得手としていたが最近は解消されたはず。あとはボナ攻め(角金交換の駒損の猛攻)やボナ囲い(天野矢倉、片矢倉っぽい形)が有名だろうか。

GPS将棋は東大のゲームプログラミングセミナーの略語でGPS。激指とGPSが最近の二強と思っていたのだが、今大会では終始GPSのほうが強かった。安定的だったのは788台のおかげだろうか?

習甦はこれで「しゅうそ」と読むはず。名前の中に「羽生」の二文字を含むところからも分かる通り、羽生善治の指し手をベースに評価関数が設定されているはず。プロ棋士との対戦の暁には、羽生善治の影響を感じる指し回しだったかどうか?を聞いてみたいところだ。

やや散漫だが以上。今後もこの件については書き記す予定なのであっさりめで終わっておくw


コンピュータVSプロ棋士―名人に勝つ日はいつか (PHP新書)

閃け!棋士に挑むコンピュータ

ボナンザVS勝負脳―最強将棋ソフトは人間を超えるか (角川oneテーマ21)

われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る
関連記事

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : GPS将棋 ツツカナ ponanza 習甦 Puella ボンクラーズ GPS将棋 ポナンザ 電王戦

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)