四連覇で通算10回優勝で名誉NHK杯とか…ドカベンか!

ドカベンか!ってね。水島新司の漫画のね。って注釈いれないと、きょうびの若い人はわからんのと違う?っていうね。

ドカベンって、まー常勝軍団なわけですよね。明訓高校。一番岩鬼、二番殿馬、三番はいろいろいて、四番は山田太郎ね。ピッチャーは里中。で、延々と勝ちまくるわけですよ。ドカベンって最初の作品が70巻ぐらいあったと思うんですが、確かその中で負けたのは1試合とかそれぐらいじゃない?武蔵坊率いる、岩手の弁慶高校ね…。

大体そんなに勝たないだろうと。毎回勝つ話みて面白いの?っていうね。これが面白いんだけどね。。


同じ野球でいうと、巨人のV9時代とかはそんな感じだったんでしょうね。大山康晴の無敵時代とかもこんなだったかもしらん。

そう、武豊や、イチローが相次いで脱落していく中、生きる伝説としての存在感をますます高めているのが、この将棋界が誇る大天才、羽生善治さんなんです。(なぜかさん付け)。


羽生2冠 初の“名誉NHK杯”

将棋のNHK杯は、決勝戦で、羽生善治2冠が渡辺明2冠を破って通算10回目の優勝を果たし、初の「名誉NHK杯」の称号を手にしました。羽生さんは、ことしのA級順位戦で史上3人目の全勝を収めるなど調子を上げており、来月から始まる名人戦で、タイトル獲得数、史上最多の記録更新を目指します。
将棋のNHK杯は50人の棋士が1年間かけてトーナメント方式で対局するもので、決勝戦は、王位と棋聖のタイトルを持つ羽生善治2冠と、竜王と王座の渡辺明2冠という、トップ棋士を代表する2人の対局となりました。
NHK杯は持ち時間が10分という早指しが特徴で、決勝戦は互いに矢倉囲いの陣形で、最後まで激しい攻防が続きましたが、渡辺さんが147手で投了し、羽生さんが優勝しました。
羽生さんは、これでNHK杯4連覇で通算の優勝回数も10回となり、初の「名誉NHK杯選手権者」の称号が与えられました。
羽生さんは「トーナメント戦なので4連覇は非常に難しいと思っていました。優勝の重みを感じています」と話していました。
羽生さんは、ことしのA級順位戦で史上3人目の全勝を収めるなど調子を上げており、来月から始まる名人戦で、タイトル獲得数、史上最多の記録更新を目指します。



永世位の話は、七冠達成時点ぐらいから延々と出ていた話題だった気がします。その時の私の印象としては、加藤一二三先生など、トーナメントの総人数の違いがあったころからの先生方の活躍具合をみても、さすがに難しいだろうなと。そう考えている時期が私にもありました…。

たぶん、羽生善治が達成するかどうか?というときには、大山康晴先生と同じぐらいにはハゲ散らかしてるだろうなと思っていたのです。ところがハゲ散らかすことなく、若干白髪が増えたかな?ぐらいの40代前半で、しかも四連覇で一気に達成するとか、本当に人間業とは思えません。

はやざしって、若手の領域だったんじゃないの?羽生善治の全盛期っていつ?っていうかほかの棋士との棋力の差ってどんだけあるの??っていうね。

将棋の細かい話は、棋譜がないのでさらりといきますが、例の△3七銀って抑える将棋で。引くか横に逃げるか?っていう話で、引きましたと。かなり激しい攻め合いになりましたが、ちょっとずつ後手が悪そうな将棋でしたね。▲4八銀っていう手がなかなか心に残ってまして、なんというか、うな重にお茶をかけて、蒸らして出汁をとったらウナギを捨てるような、贅沢さっていうのですかね。心の余裕がないとなかなか指せない手でしたが、あの銀がかなり終盤自玉を安全にしていました。

終盤の後手の△6二飛車という、馬に飛車をぶつける手もなかなかの迫力だったんですが、普通に桂馬を外されてみると、飛車の横利きが失われた分、後手陣が弱体化しており、また馬をとった飛車が中途半端でこれはさすがに決まったかな?と思いました。

ところが、最終盤であの飛車を生かして寄せに行くのですから渡辺明竜王の終盤力もさすがの一言です。終盤の追い込みで、噂ではちゃんと怪しい頓死筋も用意していて、羽生善治二冠がそれを見抜いてのぎりぎりのゴールインだったという。

羽生世代終わった的な話を去年盛んに書いたのは確かこのブログの人だったと思うんですが、あの人去年で降板してるんです。実をいうと。今年から中の人は変わっていて、私はもう羽生世代さえあれば何にもいらない、それだけでごはん三杯はいけちゃいます、っていう人なので。ええ。

これからも羽生世代中心に、このブログでは話題をお届けしようと考えております!><

イカガ?(´・ω・`)つ 木村の矢倉 急戦・森下システム (3/24発売の新刊…将棋世界連載のまとめたやつですかね?)



木村の矢倉 急戦・森下システム木村の矢倉 急戦・森下システム
(2012/03/24)
木村 一基

商品詳細を見る





関連記事

コメント

続編を含めない場合

ドカベンって48巻ではなかったですか?
岩鬼が帽子を投げるシーンで最後とした場合ですが…。
非公開コメント

将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の記事検索

将棋観戦記のランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
5位
アクセスランキングを見る>>