FC2ブログ

「プロ棋士対コンピュータ」を思うときに読んでおきたい三冊

ブログを書いていると、非常に嬉しいコメントをいただくこともあるし、予想していなかったような厳しいお言葉(主には更新や記事レベルの低下に関すること)をいただくこともある。また、議論に発展させたほうがよいかもしれないと思われる、論点の提示をいただくこともある。

個人的には、コメント欄でそのようなやりとりが延々と続くことを好まないので、避けさせていただいている。

東海の鬼 花村元司伝」の中で著者の鈴木啓志氏が、私と同様のコメントを記しているのをみたが、それについての疑問の言葉を頂いたこともある。

コンピュータvsプロ棋士については、一方ならぬ興味を持ち、その推移を見守っていた私としては、どのような意見を貰ったとしても、やはり違和感を持ったということについて、偽ることは出来ない。

ボナンザvs渡辺明あからvs清水市代のあたりで、どのような発言があったのか?というのを知りたい人には、「閃け!棋士に挑むコンピュータ」を読んでもらいたい。第二章には米長邦雄のコメントが幾つか出てくる。

私は米長邦雄氏が日本将棋連盟の代表という立場を活用?して、対コンピュータの諸々を行なってきたことを評価してきた。ただし、勿論それを評価する際の判断軸は私独自のものであって、当人の判断とも巷間の判断ともことなることに異議を唱えるものではない。

ただし、コンピュータ将棋にまつわる氏の発言なりを、まじめに観てきたつもりだったが、これからの動きについては、自分の考え方のスタンスを少し変えた上で見ていくことにはなるだろうな、とは思う。これは勝手に恋心を抱いて、拒絶されたことによる憎しみ、というようなものではない。

そういう、勝手に利己的に感じた裏切りに対する憎しみ、ではなく、今後の展開・シナリオとしてはそれほど御大層なものはないだろうな、という枠組みに対する期待感の消失である。

勿論勝負の楽しみはあるし、将棋はおもしろいものになるだろう。ただし長期的な展望としての面白みというものではなく、行き当りばったりなところが連続していくのだろうと。思えばプロ対コンピュータの5対5についても、事前の話し合いがあったのかどうか、よくわからないところもある。(「われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る」が出版される前であれば、対局前に細かな作戦会議が行われた上で決まったと思ったかもしれないが、決定経緯について何を書かれても、もはや信じられないというか。)

自身の違和感を再確認するために、「閃け!棋士に挑むコンピュータ」を再読したのだが、「あから」の指した△5七角に対するプロの反応を、ボンクラーズvs米長邦雄戦の後に、そして「東海の鬼 花村元司伝」の後に読むと、また違った印象を受けることに気づく。

花村元司の鬼手には角や銀を使ったものが多い。角や銀という駒が斜め後ろに効く駒であるという性能が理由の一つだとは思うが、プロが一目悪手とした△5七角も花村元司だったら、一目で指したような気もする。

特にオチはないのだが、一文だけ、「閃け!棋士に挑むコンピュータ」から引用しよう。

(なぜボナンザの対戦相手に渡辺明竜王を選んだのか?に対して)米長邦雄曰く

渡辺明が勝つのであれば、プロになりたての新四段も勝つ。100メートル走を9.9秒で走るか、10.1秒で走るか、プロの間にはそれほどの差がないのだから


とのこと。

私が米長邦雄の日記で「勝敗も名前も秘すから指してくれ」と伝えてボンクラーズと対戦させたということと、「われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る」で記されたことの間に、何かしらの「だまし討ち」のような気分を感じるのだが、実際にテスト対局?を行った森下卓プロが、あの本の中でコメントを残しているので、特に問題ないのであろう。

恐らくこの私の個人的な気分に関する記述はこれで最後になると思うので、しつこくて申し訳ないが書かせて頂いた。
関連記事

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 花村元司 米長邦雄 あから ボンクラーズ GPS将棋 ポナンザ 渡辺明

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)